赤ちゃんの暖房は何がいい?リビングのオススメを紹介!安全とコスパを考える!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-08-15-58-03

 

 

 

赤ちゃんがいると暖房器具にも気を使いますよね!特に一日の大半を過ごすリビングに

使うものは、赤ちゃんはもちろん家族にとっても快適なものを選びたいですよね!

安全かどうか?空気は乾燥しないか?など気になることもたくさんあります!

たくさんある暖房器具の中でどんなものを選んだらいいのか迷ってしまいますよね!

そこで今回は、

●リビングの暖房器具を選ぶ際の注意点、考えることは?

●赤ちゃんがいるご家庭にオススメしたい暖房器具はこちら!

これらについてご紹介したいと思います。参考にしてみてくださいね!

 

 

スポンサードリンク

 

 

リビングの暖房器具を選ぶ際の注意点、考えることは?

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-08-15-57-49

 

暖房器具にはそれぞれのメリット、デメリットがあり、どれを選んでいいのか迷ってしまいますよね。

特に赤ちゃんのいるご家庭は考えること、注意すべきこともたくさんあると思います!

暖房器具を選ぶ際にはどんなことに注意したらいいのか調べてみましたのでご紹介しますね!

<赤ちゃんの暖房選びの注意点、考えること>

●安全かどうか

赤ちゃんがいるご家庭にとって一番心配なのは安全性ではないでしょうか?

石油ファンヒーターや対流式のストーブは確かにとても暖かいですが、小さなお子様のいるご家庭には、やけどや火事、一酸化炭素中毒などの事故も心配ですよね!

多少触ってしまってもやけどまでには至らないオイルヒーターなどの方が安全面では向いていると思います!

やけどが心配な暖房器具を使う場合はガードが必須アイテムですね!

 

 

 

 

 

 

●乾燥に注意!

赤ちゃんはとってもデリケートなので、暖房の風などによる乾燥にはとても弱く、のどや肌が乾燥して、インフルエンザや乾燥肌などトラブルを引き起こす原因となるので注意が必要です!

温風などがあまり出ない暖房器具を選んであげた方がよさそうですね!

赤ちゃんにとって快適な湿度は冬場で40~60%です。

暖房を使用する際は、合わせて加湿器を使ったり、洗濯物や濡れたタオルをお部屋に干すと効果的です!

湿度計をリビングに置いておくといいと思います!

 

 

 

 

●部屋の暖めすぎに注意!

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-08-15-57-56

赤ちゃんは、体温調節する機能が未発達なので部屋を暖めすぎてしますと汗をかきすぎてしまい脱水症状や熱中症などの体調にトラブルが出てしまう危険性があるようです!

暖房を使う際にはこちらにも気を付けてみてくださいね!

赤ちゃんにとっての快適な室温は冬場で18度~23度ですので湿度計と合わせて温度もチェックするようにしてみてくださいね。

また冬でも衣服の着せすぎには要注意です!私も子供の汗疹がひどくて皮膚科に連れて行ったら服を着せすぎと怒られてしまった経験があります!

手足などが冷たくてもおなかや背中に汗をかいていることがあるので、汗をかいている場合は着せすぎのようです!

 

 

●低温やけどに注意!

ホットカーペットや電気毛布、湯たんぽなど直接肌に触れるようなものは低温やけどになってしまう恐れがあるので注意が必要です!

ホットカーペットの上にもう一枚毛布をしいてから赤ちゃんを寝かせてあげたり、適度に動かす、暖まったらすぐに消すなど対策をした方がよさそうです。

暖房選びのポイントで大事なのはやはり安全性!!子供から目を離さないことは大切ですが、そうも言っていられないのが現実です!万が一触ってしまったとしても大きな事故にはつながらないようなものを選ぶことはとても大事だと思います!

また乾燥や温度変化などにとても敏感なので、暖房を使う際には、温度や湿度管理をしっかりとしてあげてくださいね!

 

 

スポンサードリンク
-->

 

 

赤ちゃんがいるご家庭におすすめしたい暖房器具はこちら!

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-08-15-58-03

 

赤ちゃんがいるご家庭の暖房器具選びのポイントは3つ!!!

①安全性

②お手入れが楽

③操作しやすい

これらを重視したオススメの暖房器具をご紹介したいと思います!

 

●エアコン 

暖房器具の定番と言えばエアコンどこのご家庭でも大体持っていると思います!

エアコンは直接手で触れる心配が無いので一番安全だと思います。

リモコン一つで温度設定などもできるので手軽ですし、すぐに部屋を暖められるのも魅力的ですよね!

ただ先ほどもご紹介したように赤ちゃんは乾燥や部屋の温度の上がりすぎには注意が必要ですので、加湿器など合わせて使ってあげるといいと思います!

大人との体感温度にも違いがあるので、部屋の温度が18度から20度になるように気を配ってあげることも大切ですね。

こまめにフィルターなどのお掃除もお忘れなく!!

 

 

●オイルヒーター

 

 

 

 

赤ちゃんのいるお家にはとても人気のあるオイルヒーター!

温風も出ないので空気が汚れたり乾燥もしづらいのが特徴です。

また表面は熱くなりにくいので誤って触ってしまったとしてもやけどするまではいかないので、比較的安全だと思います!

デメリットとしては、電気代が結構かかってしまうこと、暖まるのに時間がかかってしまうことなどがあります!

あと使っている方ならわかると思いますが結構場所をとるし重いのも難点です。

じんわりとお部屋を暖めるので日向ぼっこしているような暖かさです。

赤ちゃんも快適に過ごせるのではないでしょうか?

なるべく窓の近くに置いて冷気をシャットアウトし、タイマーなどをうまく使って効率よく暖めるといいと思います。

 

 

スポンサードリンク
-->

 

 

●遠赤外線パネルヒーター

オイルヒーターと同じく、風が出ないので空気も汚れないですし、表面が熱くなりにくいのでやけどの心配も少ないです!商品によっては、万が一お子さんが倒してしまっても自動で電源が切れる機能が付いているので安心です!

さらに即暖機能もあるのでオイルヒーターよりかは暖まるのがはやいかもしれませんね!

オフタイマーを使えば夜授乳しながらうっかり眠ってしまっても大丈夫そうです!

子育て中のママには嬉しい機能がたくさんですね!

 

 

 

 

どれもやけどの心配などは少なく安全性は問題ないと思います!

個人的には遠赤外線パネルヒーターがとても気になりました!

薄型で省スペースのモデルも多そうですし、インテリアにもなじみそうですね!温度設定機能などもあり節電にもつながりそうでコスパの面でもいいのかなと思いました!

まとめ

いかがでしたか?

赤ちゃんのいるご家庭での暖房選びは、空気が汚れないか?転倒してしまっても大丈夫か?やけどの心配はないか?などの点に注意して、ご家庭に合った暖房を選んでみてくださいね!

エアコンやこたつなど他の暖房器具と併用して使うなど工夫してみるのもいいと思います!

赤ちゃんにとってもママやパパにとってもみんなが快適に過ごせる暖房器具が手に入るといいですね!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
100円
最後までお読みいただきありがとうございました! 気に入って頂けたら、シェアしていただけると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)