松本人志のドキュメンタル1話2話ネタバレと感想!見所を紹介します!

laugh-1100456_640

 

 

今さらですが、

AmazonPrime(アマゾンプライム)で視聴できる

まっちゃんがプロディースしているドキュメンタルを視聴したので、

メンバーの紹介や

そもそもドキュメタンルとはどういった意味なのか、

また各話(今回はエピソード1、2 )の正直な見所や問題点等レビューしたいと思います。

そして実際ドキュメンタルは見るべきなのかどうかについても言及します。

関連記事

『人志松本のドキュメンタル3話4話のネタバレと感想!見所も紹介します!』

『ドキュメンタル賞金の行方は?問題点と改善点!シーズン2はいつから?』

 

 

スポンサードリンク

 

 

ドキュメンタル意味やルールは?メンバーも紹介!

 

まずは何も知らない方は↓の動画をどうぞ!

 

 

ドキュメタルの意味

 

ドキュメンタルとは松っちゃんが作った造語です。

ドキュメンタリーとメンタルをあわせたもの。

つまり、今回のドキュメンタルは

台本等はなく、メンタルが試されるといったところでしょうか。

 

 

ルール

 

・芸人10名が集められ、6時間の間にあらゆる手段を講じて周りを笑わせる。

・手段や小道具についての制限はなく、何を持ち込んでも可。

・笑った瞬間に、オブザーバーの松本人志が表れて、笑ったものに対してカードを与える。

・カードは、イエロー、オレンジ、レッドという順番で出され、レッドカードで退場。

・順番はあるものの、笑い方の度合い等により、一発オレンジや一発レッドの可能性もあり。

・最後まで残ったものが優勝者となり、優勝賞金1,000万円を獲得する。

・ただし、参加には一人100万円が必要。

 

※ルールは途中から明らかになっていきました。

 

 

メンバー

 

宮川大輔

大地 (ダイノジ)

久保田 (とろサーモン)

フジモン

くっきー (野生爆弾 )

斎藤さん(トレンディエンジェル)

川原 ( 天竺鼠 )

ハチミツ二郎

アントニー

ジミー大西

 

※順番は部屋に入って来た順番です。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク
-->

 

 

 

1話ネタバレ感想!見所を紹介!

 

ネタバレ

 

エピソード1の勇敢な10人の参加者については、

ルールの説明や各々参加費100万円をどうやって集めたかなど

参加までのエピソードが中心でした。

そしてさっそっくスタートなった瞬間に

 

ハチミツ二郎がしかけます!

ジミーちゃんと今日はじめて会うとのことで、

あちさつがしたいと言います。

くるか、くるか、と思っていると

 

東京ダイナマイトのハチミツ二郎です

 

とめっちゃ普通のことを言います。

そして、天竺鼠の川原も自己紹介します。

 

どうもはじめまして、オール阪神巨人の巨人です。

 

これが地味にみんなやられてました。

ここで一旦ストップがかかり、

全員が笑っているため、ノーカウントとして再開。

そして、一旦各々立ち上がるんですが!

 

ジミーちゃんが仕掛けます!

更衣室に行き、セーラー服に着替え、

羊の人形を二体もって入場!

 

この段階で、ダイノジ大地爆笑。

そしてイエローカードをもらいます。

ここで1話は終了です。

 

 

 

感想

 

正直このメンバーは卑怯だろうと思いました。笑

しかも、1話では、一人一人順番に入ってくるんですけど、

最後に入ってくるのがジミーちゃんって!

フジモン、くーちゃん、久保田、川原、でも結構カオスなのに、

ジミーちゃんって!

このキャスティングのうまいところは、

完全なツッコミの人がいないことですね。

ツッコミボケの人はいますが、完全なツッコミの人がいないので、

流れや件が一旦できれば完全に止めれる人間が誰もいないっていうところですね。

誰がキャスティングしたかは分かりませんが、マジでうまい!

エピソード1については、

本編というよりは、導入部分という感じですね。

 

 

見所

 

今回は本編が少ししかなかったんで、

見所はあまりないんですが、

 

①ジミーちゃんの入場シーン

②天竺鼠川原の自己紹介シーン

 

といったところだと思います。

ジミーちゃんが入場して来た時の

絶望感たらなかったです。笑

さらに川原のボケのくだらなさ。

文字に起こすとつまらなく感じてしまいますが、

笑いは空気感なので。

実際みてもらえれば、この空気感すげえ伝わります。

もうすでに気になっちゃう方は↓からどうぞ!

>HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル

スポンサードリンク
-->

2話ネタバレと感想!見所を紹介!

 

さっそく、2話の予告動画をどうぞ!

 

 

 

ネタバレ

 

ジミーちゃんが引き続きしかけます。

 

これ親子やねん!

 

と言いながら、親羊にミルクを与えます。

それにイラっとした宮川大輔が

持参巨大なゴムをジミーちゃんの背中にゴムぱっちん!

すると、ジミーちゃん

あっつ!火飛ばしたんか?

で微妙に笑いますが、セーフ。

ジミーちゃんのカツラはいつのまにか

斎藤さんの元に。

ジミーちゃんは頭がかゆいということで、

頭をなぜか洗います。

そこで、フジモンがジミーちゃんの十円ハゲを発見!

それを治療しようと言い、

大輔が再度ゴムぱっちんをジミーちゃんへ向け発射!

 

あつーー!火当てたんか!?

 

と再度ジミーちゃんの謎のリアクションに

大輔は笑ってしまいました。ゴムでリアクションを隠すもアウト!

 

そして、とうとうくーちゃんが仕掛けます!

寄せ書きしてくださいと色紙を出します。

色紙の真ん中には、大助花子の大助師匠の写真が、

そして、UFOはおますと書いてます。

一方で斎藤さんがアマゾンのライオンのカツラを被って入場。

この辺は完全にカオス状態。

どこを見ても仕掛けている状況。

そんな中ジミーちゃんがレッドカードを出され脱落。

その後くうちゃんが大漁旗を持ち込みました。

そこにはまたもや大助師匠。

ここで完全に大地がターゲットとなり、

みんなから、

おーちくん、おーちくんと言われ、笑いを誘われます。

またくうちゃんがダウンを着て入ってくるんですが、

暑いから脱ぐと言って、脱いだらフード部分だけセパレートするというボケ。

 

ここでハチミツ二郎がしかけます。

プロレスの覆面を持っているとして、

覆面を被って入場。

さらに何枚もあるとのことで、

ちょっとずつ面白くなっていきます。

これが本当に面白くなって行きました。

また上記の予告動画にある椅子が壊れるシーンへとつながります。

 

そしてくうちゃんがフードを脱いで、

フードの中に汗がびっしり。

これを見ていた大地に対して、

これ汗ちゃう、高野豆腐だから。

というボケに対して大地が爆笑し、

レッドカード、退場となりました。

結局2話では、ジミーちゃんと大地が退場するという結果に。

 

 

 

 

スポンサードリンク
-->

 

 

 

 

 

見所と感想

 

2話の見所は、

 

①くうちゃんの色紙と大漁旗

②おーちくん!

③ジミーちゃんのリアクション

④ハチミツ二郎の覆面

 

といったところですが、

個人的には、2回目の大輔のゴムパッチンの時の、

大輔の笑いをごまかす仕草。

あのゴムを口にまとわりつかせる感じがマジでやばかったです。

あとジミーがわさびなどの小ボケをなんかもやっています。

またくーちゃんの大助師匠の部分は本当に面白かった。

あれを見るためだけにお金を払ってもいいとさえ思いました。笑

気になる方は↓からどうぞ!

>HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル

関連記事

『人志松本のドキュメンタル3話4話のネタバレと感想!見所も紹介します!』

『ドキュメンタル賞金の行方は?問題点と改善点!シーズン2はいつから?』

スポンサードリンク
スポンサードリンク

お役に立てたらシェアして頂けるとうれしいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)