ドキュメンタル賞金の行方は?問題点と改善点!シーズン2はいつから?

clown-362155_640

 

 

先日ずっと気になっていたアマゾンプライムでやっている

松っちゃんのドキュメンタルを視聴終了しました。

視聴した中でいくつか気になったことがあり、

調べてみました。また分からないなりに予想してみました!

 

いや〜、ドキュメンタル本当に面白かったです。

久しぶりに心踊りました!

なんだかんだでまっちゃんがする久しぶりの企画じゃないですか?

笑ってはいけない、すべらない話、IPPONグランプリ等

十分面白いですが、やはりちょっとマンネリ感出てますよね!

それを打破することがらできる今回のドキュメンタル!

テレビ放送していないからこそできる、

まっちゃんの攻めの姿勢がみて取れましたね!

そこが本当によかった〜!

 

さてさて、そんなドキュメンタルですが、

いくつか気になったことに言及していきたいと思います!

ちなみに今回は私の意見満載です!

関連記事

『松本人志のドキュメンタル1話2話ネタバレと感想!見所を紹介します!』

『人志松本のドキュメンタル3話4話のネタバレと感想!見所も紹介します!』

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

賞金はどうなったのか?

 

正直、私は見終わった瞬間に思いました。

え?賞金ってどうなったの?と。

 

ネット上でもやはり同じような方がかなりいらっしゃいました↓

 

 

 

 

 

え?賞金どうなったの?

3等分したらよかったのに。

賞金どうすんだろ。

とネット上では賞金が一体どうなったのか気になる方がたくさんいました。

 

結局何度も動画みたりしたんですが、

賞金がどうなったのか、ということにはどこも言及していませんでした。

ここからは私の勝手な予想ですが、

2ndシーズンがあることもあり、

最終残った3名については、2ndシーズンに参加費なしで、

参加することにして、賞金1000万円についてはキャリーオーバーということでどうでしょう。

参加者を10名にして、参加費をまた100万円にすれば、

合計2000万円の賞金に対し、集まったお金が1700万円になるので、

賞金の件もうまくクリアできそうですし、これが一番良さそうな気がします。

 

 

 

スポンサードリンク
-->

 

 

 

問題点及び改善点

 

この企画非常に面白かったんですが、

初回ということもあり、ルールについていくつか改善した方がいいよなと思うところがありました。

そんなところを勝手に話します。

ファーストシーズンのルールについては、

過去記事にて確認お願いします↓

『松本人志のドキュメンタル1話2話ネタバレと感想!見所を紹介します!』

 

 

①退場のルールについて

 

現在のルールの場合結局あまり参加しない人、

笑わない人がいつのまにか勝ってしまうというルールになっちゃうんですよね。

ファーストシーズンについては、

途中まであまり参加してなかった川原、久保田、アントニーが残ってしまう結果になってしまいました。

そしてゲラの人、つまり防御が弱い人は絶対に残れないというルール。

実際私は、ジミーちゃんとくーちゃんが終盤まで残ったらもっと面白くなったと思うんです。

これは新たにルールを追加するなどして、

攻めている人、つまり積極的に笑わせている人に対して

何らかのアドヴァンテージが与えられるルールが必要なのではないかと思いました。

 

 

②人数が減ると面白さが減ってしまう。

 

今回のドキュメンタルの一番面白かったのって、

結局色んなところで色んな人が仕掛けることで、

カオス状態を生み出すことだと思うんです。

集団芸みたいな部分、他の人のノリに乗るというか、

他の人のショートコントに他の芸人が乗っかっていくという面白さがあったと思うんです。

なので、どうしても、どんどん人が退場していくと

その要素が薄れてしまうので、人が減ると面白くなくなっちゃうんですよね。

なので笑ってしまった芸人については、

退場ではなく他の方法を取って、

最後までいれるようにする等があれば面白いかなと思いました。

 

 

③その他

 

ネット上をみていると、

笑っているのラインが曖昧

と言っている人が結構いてびっくりしました。

笑っているのに退場してないの不公平などの声が結構あったんですよね。

私個人的には全然気になりませんでした。

笑いってどうしても誰かの主観的な判断にならざるを得ないし、

機械的に笑いを判定しても、それはやっぱりなんだか変ですよね。

なので、今回の笑いの判定については、

全然文句ありませんでした。

 

 

一応勝手に問題点的なことを個人的に挙げてみましたが、

①と②を克服するルールを追加するのか

変更するのか、はたまたルールは何もいじらないのか分かりませんが、

この①、②が克服できたらドキュメンタルってマジで面白い企画になると思うんですよね。

実際私は、ドキュメンタルのためにアマゾンプライムに入ってしまいましたし、

これ以上に面白かったら、アマゾンプライム継続します!

 

 

 

スポンサードリンク
-->

 

 

 

セカンドシーズンについて。

 

いつアップされるのか?

 

残念ながら、現状セカンドシーズンがいつアップされるのかは公表されていません。

ここからは私の予想ですが、

今回の1stシーズンって、

11月末から毎週1エピソードずつアップするというスタイルを取りました。

で、最終話がアップされたのが、12/21です。

つまり、アマゾンプライム的には年末年始の取り込みを図ったはずです

なので、年末年始にかけてアマゾンプライムに入った人が多いと思います。

そして、アマゾンプライムは1ヶ月は無料なので、

アマゾン的には有料会員に移行してほしいはずなので、

私の予想としては、2月の中旬くらいまでは、

セカンドシーズンの放送はないと思うんです。

でもさすがに2月下旬までくるとちらほら解約していく人が出てくると思います。

その対策のために、2月下旬くらいに次のセカンドシーズンがいつアップされるのかを、

匂わすと思うんです。

そう考えると、セカンドシーズンのアップは、3月or4月くらいではないかと予想します。

これ、本当に勝手な予想ですので、あしからず。

スケジュール等わかり次第追記していきます。

 

セカンドシーズンの出場メンバーについて

 

現状次回の出場メンバーは不明です。

おそらく今回の残った3名については、

次回も出場してくると予想します。

ということは、残り7名ですが。

私個人的には、

 

カズレーザー

千鳥大吾

出川哲郎

狩野英孝

小峠

ケンドーコバヤシ

小藪

三四郎小宮

コロチキナダル

ハリウッドザコシショウ

小沢さん

笑い飯

アンタッチャブル山崎

 

などから選ばれたらかなり面白くなりそうだなと思ったりします。

いずれにしても、ファーストシーズン同様完全なツッコミの人がいない空気がいいような気がするんですよね。

 

いい意味でぶっ壊れている人

何かを狙って仕掛けで笑いを狙う人

ナチュラルボケをかましていく人

ツッコミボケの人

 

などなどこういった傾向の人が多いとかなり面白くなりそうな予感。

人数的には、10人というのが一番いい数かもしれませんね。

それ以上増えてしまうと、カオス過ぎて誰も追えなくなっちゃいますしね。

出場メンバー分かり次第、追記していきますね!

 

いずれにしても、セカンドシーズンマジで期待してます。

ファーストシーズンもすげえ面白かったですが、

セカンドシーズンはもっと面白くなりそうですよね!

久しぶりに次が楽しみでしょうがない作品に出会いました。

幸せです!ありがとう、まっちゃん!

ファーストシーズンをまだご覧になっていない方は↓からどうぞ!

>HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル

関連記事

『松本人志のドキュメンタル1話2話ネタバレと感想!見所を紹介します!』

『人志松本のドキュメンタル3話4話のネタバレと感想!見所も紹介します!』

スポンサードリンク
スポンサードリンク

お役に立てたらシェアして頂けるとうれしいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)