まりやぎ(長尾まりあ)の卒業理由は?芸能界引退!?コメント全文!

ながおまりや
ながおまりや

AKB48のチームKでまりやぎの愛称で愛されていた永尾まりやさんが卒業を発表されました。

そしてその発表した場が、山本彩兒玉遥生誕祭であったこともあり、ツイッター上ではかなり話題になっています。

なぜ卒業するのか?芸能界引退するのか?調べてみました。

さて、今回の卒業理由は納得できるものか?私なりに考えてみました。

スポンサードリンク

プロフィール

mariya

本名:永尾まりや

生年月日:1994年3月10日

デビュー:2009年

事務所:アービング

チーム遍歴:9期研究生⇒チーム4⇒チームK

好きなモデル:鈴木えみ

出身:神奈川県横浜市

簡単にプロフィールです。

9期なので、同期にはぱるること島崎遥香さんが有名ですね~!

次世代のグラビア番長と呼ばれいます。

こじはるのボジションを継承する人と思われていましたが、こじはるよりも先に卒業する形になってしまいましたね!

スポンサードリンク
-->

卒業の理由は?

後でコメントというかスピーチの全文を載せたいと思うので詳しくはそこを読んで欲しいんですが、要約すると

  • 舞台や映画への出演が増えた。
  • AKBへ戻ってきたときの自分のポジションが見えなくなった。
  • それでもAKBは自分にとってはすごく居心地のいい場所でこのままでは甘えてしまう。
  • さらに成長するためにもっと自分を厳しい環境に置きたい。
  • 芸能界で売れる気は満々!芸能界は辞めない!

とこんな感じになるかと思います。

んん~、ファンとしてはどうなんでしょう?

Twitterを見る限りでは、理由としてもかなり納得している方も多いみたいですね。

私としても、最近の卒業の中ではかなり納得できる部類じゃないかなーと思います!

永尾まりやさんと言えば、AKBというイメージよりも舞台や映画、グラビア、モデルなどでもかなり活躍しているので、AKBの看板がなくても全然やっていける感じがしますよね~!

おそらく本音の部分ではそういったところじゃないでしょうか?

元々モデル志望であったこともあって、ここまで知名度が上がってくると、本当にアイドルとしての活動が大好きじゃないかぎり自分として苦しくなってくるような気がします。

やっぱりアイドルとなると、プライベートも含めて制限が出てきちゃいますよね。

意外にそこが一番のネックだったかも?

本人じゃないと分かりませんが、でも今後も芸能界でやる気満々だそうなので、今後の活躍にも期待大です!

最後までお読み頂きありがとうございました。

↓下記が卒業発表したときのコメントの全文です。

ちょっと待ったー! !

さや姉とはるっぴの生誕祭中、本当にごめんなさい。私からの報告があります。ストレートに言いますと、わたくし永尾まりやはAKB48を卒業します。

どうしよう、今生誕祭やっててどうしようどうしよう、気まずいなって思ってきちゃって。今生誕ラッシュなので今日しかなかったのでほんとに申し訳ない気持ちでたくさんなんですけど、卒業を決心致しました。

そうですね、私ももう6年間やってきて。何て言うんですかね。最初に入って、私が「あの子絶対すぐ辞めるよね」とか、そんなこと言われてた私がこの6年間やれたのもほんとに凄いことだなと思います。

だんだん舞台だったり映画だったりたくさんやるにつれて、色んな経験もさせていただいて、たまに劇場に自分が戻った時に自分のポジションって何だろうって思ったところもあります。

先輩が凄い卒業したりとか、たくさんあって、知らぬ間に先輩になってて。何て言うんですかね、凄い居心地が良くなってて、自分の中で。同期だったり色んな子に甘えちゃう部分もあって、そういうの、自分甘えてるなと思ったりもして、一回卒業して、もう一回自分に厳しくやっていこうと思い、決心しました。

どうしようどうしよう、ごめんね、ほんとに。ほんとにごめんなさい。

芸能界はもう全然続ける気ですし売れる気満々なので。ほんとに超有名になって戻ってくる気でもありますのでね、よろしくお願いします。

卒業日程はまだ決まってなくて、そんなすぐ卒業するとかもないんですけど。

島田泣かないで。実は昨日の夜に同期には、9期生には言おうかなと思って、島田とか同期のメンバーには「卒業明日発表します」って伝えたんですけど、今日ね、ぱるるもお仕事忙しい中、来てくれました。ありがとう。

ありがとうございます。チームKの皆さんもほんと初日迎えて2回目の公演になっちゃうんですけど、まだ辞めないので、何て言うんですか、「辞める人」とか思わずにチームKとしてほんとに接していただけたらなと思います。これからもよろしくお願いします。また劇場に来てください。ありがとうございました」

 

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク
100円
最後までお読みいただきありがとうございました! 気に入って頂けたら、シェアしていただけると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)