オイルヒーターで赤ちゃんが触るからやけどが心配!安全?ガードは必要?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-08-16-26-20

 

 

 

子供がいるご家庭では、オイルヒーターを使っているところが多いと思います!

これから赤ちゃんが産まれるというタイミングでオイルヒーターが気になりだすママも多いですよね!

我が家にも赤ちゃんがいるので、購入を検討中です!

なんとなく安全で空気も汚さなそうというイメージではありますが、実際ほんとに触ったりしても安全なの?とか電気代など、気になることはたくさんありますよね?

そこで今回は、

●オイルヒーターは赤ちゃんに安全なの?

●やけど対策にガードは必要?気になる電気代もチェック!

これらについて紹介します!購入を検討している方は参考にしてみてくださいね!

 

 

スポンサードリンク

 

 

オイルヒーターは赤ちゃんに安全なの?

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-08-16-26-12

 

オイルヒーターは育児向けの雑誌などで紹介されることも多いので、お子さんを持つご家庭では、目にすることが多い暖房器具だと思います!

ですが実際オイルヒータってどんなものなのかよくわからないという方も多いのではないでしょうか?そしてメリットやデメリットも気になりますよね!

オイルヒーターは赤ちゃんにとって安全なのか調べてみましょう!

 

<オイルヒーターとは?>

 

 

オイルヒーターとは密閉された容器の中の難燃性の油を電気の熱で暖め、循環させてパネルを暖めます。

そのパネルからの放熱でお部屋を暖める仕組みの暖房器具です。

 

<気になる安全性は?>

オイルヒーターは石油ファンヒーターのように、温風が出ないので表面の温度が高温になりにくいというのが特徴のようです。

なので長い時間ずっと触ったりしなければやけどする心配は低いようですよ!

またメーカーさんによっては、指が入りづらいようにしていたり、温度も60度以上上がらないようにするなど構造も工夫されているのでその点も安心ですよね。

安全性については他の暖房器具に比べるととてもいいと思います!

<オイルヒーターのメリット>

オイルヒーターには他にもいくつかメリットがあるのでご紹介しますね。

●音が静か

温風を出さずに機械の中でオイルを暖めて放熱する仕組みなので、とても静かです!

産まれたばかりの赤ちゃんなどは音にとても敏感で、やっと寝た!と思ったとたんちょっとした音で起きてしまった!

なんてことは本当によくあるので、音が静かというのは、ママにとってはとても重要ですよね!お昼寝も安心です!

●乾燥しない

温風が出ないので空気が乾燥しにくいです!乾燥肌やアトピーが気になるお子様をお持ちの親御さんにも安心ですね。

●空気が汚れにくい

燃焼タイプではないので、空気が汚れにくいのも特徴です!

一酸化炭素中毒の心配もほぼないですし、風も出ないので埃が気にならないのもいいですね!

●じんわりと温まる

オイルヒーターは、ゆっくり時間をかけてじんわりと暖める暖房器具です。

急激な温度変化が少ないので、体に負担をかけずに暖まることができます。

陽だまりにいるような心地よさで、赤ちゃんにも安心!

安全に考慮して、構造上も工夫されている点や温風を出さないので空気が汚れにくいという点などたくさんのメリットがあるオイルヒーターは、赤ちゃんがいる子育て中のママにはオススメできる点がたくさんあると思います!

これから購入をご検討の方は参考にしてみてくださいね!

 

 

スポンサードリンク
-->

 

 

やけど対策にガードは必要?気になる電気代もチェック!

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-08-16-26-20

 

<ガードは必要?>

先ほど安全性について紹介したように、実際赤ちゃんがあやまって触ってしまった場合でもやけどするほど熱くはならないようなので、ガードはなしでも使えると思いますよ。

私の周りのママにも使っている方が何人かいますが、ガードは使ってない方が多いです!

ガードを使っているママは、やけどの心配の他に、タイマーや、スイッチをいたずらしてしまうので、ガードを利用していると言っていました!

つかまり立ちやハイハイなどちょうど活発に動けるようになる頃でもまだ危ないとかいうことが分からない年齢のお子さんがいるご家庭では、いつどんな事故が起きるかわからないので、ガードを用意しておいた方が安心かもしれないですね!

 

 

 

また、一歳を過ぎて少し「危ない!」とか「だめ!」ということが分かる年齢のお子様がいるご家庭ならあえてガードはつけずにこれは熱いから触ってはいけない!ということを教える道具として使ってみてはいかがでしょうか?

オイルヒーターには必ずしもガードが必要!というわけではないですが、お子様の年齢やそのご家庭での考え方によって使い分けてみてくださいね!

ガードがあってもなくてもオイルヒーターを使っているときはお子様から目を離さないようにすることが重要ですね!

<気になる電気代は?>

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-08-16-26-28

 

オイルヒーターは安全で空気も汚れず赤ちゃんのいるご家庭にはとてもいい暖房器具だと思いますが、電気代がどのくらいかかるのかも重要なポイントですよね!

オイルヒーターは高い!というイメージがある方多いと思いますが、特別高いというわけでもなさそうですよ!

オイルヒーターで有名なデロンギさんではeco運転モードという機能があり、eco運転モードを利用すると2割ほど節電できるようです!

一日8時間使用した場合、一か月の電気代は部屋の大きさにもよりますが大体

約3000円~7000円程度で、eco運転を使用した場合は、3000円から5000円程度です!

他の電気ストーブや石油ストーブなどが1カ月あたり約5000円~6000円なので、安くはないですが、ものすごく高い!というわけでもないかなと思います!

ただ、オイルヒーターは、部屋全体を暖めるのに30分から1時間ほどかかるので即効性はないですし、暖房効果もあまり高くはないというデメリットもあります!

なので、つけたり消したりを繰り返してしまうとその分電気代も高くなってしまうかもしれませんね。

 

スポンサードリンク
-->

 

 

<オイルヒーターのオススメの使い方!>

 

オイルヒーターは暖房効果があまり高くないので、広いリビングよりも、比較的狭い

寝室や子供部屋などに向いていると思います!

30分から1時間ほどで暖まることをうまく利用して寝る前などにタイマーを使って部屋を暖めておくのもいいですね!

じんわりと温まるので設定温度は低めでも大丈夫です!

窓の近くに設置すると外の冷気をシャットアウトしてくれるので効率よく暖めてくれるのでオススメですよ!

 

まとめ

いかがでしたか?

オイルヒーターは、乾燥しないし、火事などの心配も少ないので赤ちゃんがいるご家庭にはとてもいいと思います!

ガードを使ってみたり、Eco運転などを利用したりとご家庭に合った使い方で、快適に寒い冬の季節を乗り切りましょう!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
100円
最後までお読みいただきありがとうございました! 気に入って頂けたら、シェアしていただけると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)