お中元お歳暮の由来と意味の違い!片方だけのマナー!両方必要?

a55579b38156b59ecf8464ea0c6b1a12_s

 

a55579b38156b59ecf8464ea0c6b1a12_s

 

いきなりですが、あなたはお中元とお歳暮の意味の違いをご存知ですか?

それは、ただ夏に出すのがお中元で、年末に出すのがお歳暮でしょ!って思ってません?

何を隠そう私がそう思ってました。笑

昨年会社の一番下っ端になったこともあって、お中元やお歳暮の準備してたんですよ。

この人には出して、この人には出さないみたいな仕分けとかもしてたんですけど、

こういった慣習にはやっぱりいろんな決まりがあって、それを知らなくて結構恥をかきました。

私のような犠牲者を出したくないので、お中元等のマナーについてきちんと調べてきましたのでご紹介しますね。

新入社員の方は必見です!

関連記事

『お中元の時期!関東、関西、名古屋、北海道、九州等地域で違う?』

『お中元を止めたい時の止め時!やり方や断り方!マナーが大事!』

『お中元の予算の相場は?誰に送ったらいい?遅れた場合の対処法!』

『取引先からのお中元のお礼状!いつ誰宛に出す?感想は必要?』

スポンサードリンク

 

 

お中元とお歳暮の由来と意味の違いは?

 

 

321e497c6da6d1c0b2f4fb48eede7fe0_s

 

 

お中元の由来

古く中国では、1月15日を上元、7月15日を中元、10月15日を下元と呼び、それぞれ天神様の誕生日であり、お祝いにお供え物をしていました。当時日本では先祖供養の盆があり、盆礼と言って親類や近所を回り、物品を取り交わしていました。その二つが混じり合い、江戸時代頃から庶民の間で定着していったようです。

 

お歳暮の由来

お中元が先に広まり、江戸時代に武士たちは組合に所属しており、年の瀬に組合の長である組頭へ日頃のお礼を込めてお歳暮を送るようになりました。またお歳暮には年始の年神様へのお供え物を年の瀬に送るという意味合いもあります。そのため、今でも数の子などを送る文化が残っています。

 

お中元とお歳暮の意味の違い

 

先に言っておくと、お中元とお歳暮に大きな違いはありません。

ただ、少しニュアンスの違いがあります。

これを知っておくと、送る品目や予算がなんとなくわかるのではないでしょうか。

 

お中元‥‥1年の折り返しであり、半年間の感謝の気持ち。夏の暑い時期であることから、健康を願う気持ちを表す。

お歳暮‥‥1年間の感謝の気持ち。来年1年間もよろしくお願いしますという思い。

 

このニュアンスをきちんと解釈できておけば、どちらが重要か良く分かりますよね。

そして、どんなものを送ったらいいのかも分かりますし、

もしどちらか一方しかしないのであれば、どちらをすべきかもよく分かりますよね。

なのでお中元の場合の送るもののポイントは、清涼感と覚えておけばいいと思います。

具体的な品目としては、ビールやそうめんや冷菓やゼリーやフルーツなどです。

そして、感謝の期間が違うので予算としては、お歳暮の方が高くなる傾向にあります。

 

スポンサードリンク
-->

 

両方必要?どちらか一方の時のマナーは?

 

結論から言うと、どちらか片方だけでも問題はありません。

ただし、先ほどのニュアンスのところを読んでもらえると分かりますが、

お中元とお歳暮だとお歳暮の方がより重要度が増します。

そのため、もし片方だけ送る場合はお歳暮だけ送るようにしましょう。

いずれにしても、こうったい慣習は一度するとずっとしないといけないですし、

相手にも負担となるケースもあるので、

最初にするときにこの相手に対してすべきかどうかきちんと検討する必要があります。

ただ考えるべきところは、慣習的な部分というよりかは日頃の感謝を伝えたいという思いの方が重要だと個人的には思ってます。

またこれは私個人的なことなんですが、私はお中元やお歳暮はしていなくて、

例えば旅行したときやたまたまおいしいものに巡り合ったときに、

贈り物として日頃お世話になっている方に贈るようにしています。

こういったやり方もあるという一つの事例として参考にしてもらえればと思います。

いずれにしても大事なのは気持ちです。

贈り物は気持ちを込めてするようにしたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

『お中元の時期!関東、関西、名古屋、北海道、九州等地域で違う?』

『お中元を止めたい時の止め時!やり方や断り方!マナーが大事!』

『お中元の予算の相場は?誰に送ったらいい?遅れた場合の対処法!』

『取引先からのお中元のお礼状!いつ誰宛に出す?感想は必要?』

スポンサードリンク
スポンサードリンク
100円
最後までお読みいただきありがとうございました! 気に入って頂けたら、シェアしていただけると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)