マフラーの巻き方特集!かわいい巻き方ロングマフラー篇!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-05-16-33-43

 

 

冷たい北風が吹く季節、防寒対策グッズとして欠かせないのがマフラーですね。

特にロングマフラーは首から顔周りまで暖かくしてくれるスグレモノであると同時に、個性的で可愛らしいorスタイリッシュなアイテムです。

ですが、慣れない人はあの長さに戸惑うことも。

『この長さ、どうやったら可愛くなるの?』

『雑誌のモデルさんみたいにガーリーに巻いてみたいんだけど、どうしたらいい?』

などなど。

今回は、ロングマフラーを可愛く、素敵に見せる巻き方をいろいろご紹介します。

わかりやすいように動画も載せていきますので、可愛いマフラー巻きをマスターしたい女子はどうぞ参考にしてくださいね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

● ロングマフラーを可愛く見せる巻き方いろいろ

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-05-16-33-31

 

いきなり個人的なお話で恐縮なのですが、筆者は毎年のようにマフラーを新調します。

編み物が少々得意でして、マフラーを編むのが年間の恒例行事と化しております。

画像にあるようなリブ編みのマフラーも時々編みますし、去年はかぎ針と細い毛糸で“幅広の、クソ長い”ロングマフラーを編みました。

それ以外にもお店で素敵なロングマフラーやストールを見つけると、ついつい買ってしまいます。

この記事を作成するにあたり、自分が持っているマフラー・ストールの数を数えてみました。

クローゼットの中から出るわ出るわ…

その数25枚(25本?)でした。

編んで何回か使ったあと、妹にあげちゃったり、友達にあげちゃったりしたのも入れたら、なかなか膨大な数になります。

そのほとんどがロングマフラーです。

ロングマフラーで縦ラインを強調して着やせ効果を狙ったり、顔を小さく見せる錯覚を狙ったり…という理由で、ロングマフラーや大判ストールが大好きなんですよね。

さて、こんな筆者がいつもやっている巻き方や、これイイな♪と思う巻き方を集めてみましょう。

 

〇 巻き方その1 二つ折りにしてからor結んでから

 

 

 

これは、ロングマフラーでしか楽しめない巻き方ですね。

簡単ですが、それでいてちょっと凝ったように見える巻き方です。

動画の始めの方に出てくる巻き方は、筆者もよくやっている巻き方です。

素材は薄手で幅広のストールか、ニット素材のロングマフラーがよく合います。

ニットマフラーは厚手のものでしたら、幅広でなくても大丈夫です。ただし、結構な長さがないと、かなり苦しいです。

 

〇 巻き方その2 ぐるぐる巻いちゃう

 

 

 

定番中の定番と言える巻き方ですが、結構あなどれません。

ボリュームが出るマフラーを使うと、とても顔が小さく見えます。

筆者が好きなのは後ろでクロスしてから前で結ぶようなやり方です。

私服・制服問わず可愛く見える巻き方ですよね。

マフラーの色や素材によって、雰囲気が違って見えるので面白いですよ。

シックな色のマフラーだと大人っぽくなりますし、白やアイボリー、パステルカラーなどのマフラーだと可愛らしくなります。チェック柄だとトラッドな可愛らしさがでます。

 

 

 

スポンサードリンク
-->

 

 

 

 

〇 巻き方その3 リボン巻き

 

 

 

 女の子といえばリボンです。リボンの形にマフラーを巻いてガーリーに、可愛らしく見せましょう。

これはもう、女子中高生の定番パターンと言っても間違いではありません。

二つの動画はやり方が微妙に違いますが、どちらも簡単にできますね。

大きなリボンは防寒性もばっちりです。

リボンのわっかを片方だけにした『片リボン巻き』は少々大人っぽくなりますね。

 

〇 巻き方その4 スヌード風8の字巻き

 

 

 

大判のマフラーがあったら、ぜひ試してみましょう。

簡単にスヌード風の巻き方になります。この巻き方の利点はほどけにくいこと。

自転車などの乗り物に乗るときに安全ですよね。

巻き方を工夫すると、微妙なシルエットの違いで、大人っぽくも可愛くもなります。

 

 

スポンサードリンク
-->

 

 

 

〇 巻き方その5 ダブルクロス

 

 

 

見た目ちょっと難しそうですが、やってみると意外に簡単です。

こちらの動画では10番目に紹介されています。

制服にこの巻き方だと、おしゃれ度が高いです。みんなと違った巻き方にしてみたいときには試してみてください。

ニットのロングマフラーでも可愛くなります。

こちらの動画ではほかにもいろんな巻き方がわかりやすく出ていますので、色々参考になりますよ。

 

〇 ほかにもいろんな巻き方がある!

 

 

可愛いのからカッコイイのまで、たくさんのアレンジがありますね。

自分に似合う巻き方を是非、マスターしてください。

 

 

スポンサードリンク
-->

 

 

 

● ロングマフラーの素材や大きさ

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-05-16-33-43

 

ロングマフラーに限らず、マフラーには大きく分けて毛織物とニット素材の二通りがあります。

毛織物のロングマフラーは幅が広く、上の画像にあるような『ウール系の生地』になります。

マフラーというよりはストールとして販売されている気がします…

ニット素材のロングマフラーはそれよりも幅が狭く、分厚いのが特徴ですね。

それぞれ、全く異なる雰囲気の素材ですが、これは好みで使い分けたらいいでしょう。

ローゲージ(網目の大きな)のニットマフラーはカジュアルで可愛らしい雰囲気

ハイゲージ(網目の小さな)のニットマフラーはちょっと大人カジュアル

かぎ針編みのニットマフラーはガーリーなイメージ

ちょっと厚みのある毛織物のマフラーは、色柄によって雰囲気が変わります。

薄手の毛織物はカシミヤやパシュミナストールなど、大人っぽいものが多いです。ですが、これも色や柄で雰囲気は変わります。

薄手のロングマフラーでしたら、巻いてからコートを着てみてください。

スッキリして着ぶくれしにくいですよ。

また、髪が長い人はアップヘアにしてからマフラーを巻くと、顔が小さく見えます。

長い髪をマフラーから出してしまわず、中に入れて巻くのも小顔効果があります。

その日の服装に合わせたコーディネートも考えるなら、いくつか持っていた方がいいかもしれませんね。

筆者がマフラーを選ぶ際に気を遣うのが、色。

冬場はモノトーンや茶系の服が増えがちで、なんとなく地味になります。

ここに鮮やかな色のマフラーを使うと、さし色として効果的なんですよね。

ですが、girlsには使いやすい色をまずは一つお勧めします。

アイボリーやネイビー、深みのあるグリーン系などは何にでも相性の良さそうな色です。

赤のタータンチェックならかわいらしさ倍増ですよね。

その一本を使いこなせるようになったら、いろんな色にトライしてみてください。

冬が一気に明るく、暖かくなりますよ。

スポンサードリンク
-->

 

 

 

 

● まとめ

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-05-16-33-52

 

ここまで、ロングマフラーの可愛い巻き方についていろいろご紹介してまいりました。

やってみたいスタイルは見つかったでしょうか?

ボリューム・インパクトともに存在感大!のロングマフラーですが、実は注意点があります。

その注意点とは…

 

『乗り物には気を付けて!巻き込まれないように!』

 

筆者は経験したことがありませんが、バイク・自転車等の車輪に巻き込んでしまうと危険です。

実際にゴーカートで遊んでいた人が、ロングマフラーの巻き込み事故で亡くなったというケースもあります。

遊園地などのアトラクションにも注意しましょうね。

自転車に乗るときなどは、とにかく『ほどけにくい巻き方』をすることです。

先に紹介した中にあったスヌード巻きなど、ちゃんと『結ぶ』巻き方をすればリスクはほぼありません。

もう一つは、マフラーを巻いてからコートを着ることです。

(上の画像でもマフラーを巻いてから上着を着ています)

巻き終わりの部分が背中側に来るようにして、上からコートを羽織るとほどけにくくなります。

この時は逆に、結ばない方が安全かもしれません。

ヒラヒラしたマフラーの端をコートの中にしまっておいた方が、ズレにくくて、ほどける心配がありません。

くれぐれも安全第一!(どこの工場やねん…)でおねがいしますね。

ロングマフラーはとにかくあったかくて、冬は手放せないアイテムです。

筆者は今年のマフラーをニットではなく、フリース生地で作ってみようかと画策中です。

フリースは布端の始末が簡単な上に軽いですよね。

たっぷりのロングボリュームマフラーを作ってやろうと思います。

皆さんも興味があれば、手作りもやってみてください。(…って、最後に内容が変わっているじゃないですか!!)

と、いうわけで、マフラー巻き方特集!ロングマフラー篇でした。

皆さんの参考になればと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
100円
最後までお読みいただきありがとうございました! 気に入って頂けたら、シェアしていただけると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)