潮干狩り服装特集!男性女性子供別に必要なものを紹介!時期によっても違う!

スクリーンショット 2017-02-27 10.42.35

 

春の行楽として人気の、潮干狩り。

特に、お子さんのいるご家庭だと

今年の春に潮干狩りデビューをしようと

思っている方も多いのではないでしょうか。

子供が小さくても、砂浜で砂遊びが出来て

飽きずに遊んでくれて、いいですよね。

でも、いざ行こうとしたときに、

どんな服装で行こうか迷いませんか?

海辺で濡れることも予想されますし、

まだまだこの時期は冷えるものです。

そこで今回は、男性女性子供それぞれの

潮干狩りに最適な服装をご紹介します!

ぜひ、春のレジャーの参考にしてみてくださいね。

 

スポンサードリンク

 

 

●男性の服装

 

スクリーンショット 2017-02-27 10.42.03

 

 

【帽子】

夏のように、炎天下というわけではありませんが

太陽の下に1日中いるので、帽子は必需品です。

「オニール 正規品 2016 O’NEILL M’s SURF用 UVP HAT」

 

 

 

海風があるので、飛んで行かないように

紐付きのものがオススメです。

つばの広いものも、日よけにいいですよ。

 

【上着】

こちらも、やはり日差しが強いので、

長袖をオススメします。

「ラッシュガード メンズ」

 

 

 

もちろん、長袖のTシャツ等でもいいですが、

ラッシュガードがあれば、水にぬれても大丈夫!

少し冷えてきたりしても安心ですし、

ドロドロの子供をだっこする時に、

すごく役に立ちました。

結局、親も汚れちゃいますからね。

 

【ズボン】

動きやすい、ハーフパンツがいいと思います。

長ズボンをまくっても、

結局下がってきてしまって、

また捲り上げるのに手を洗って…と、

とってもめんどくさいです。

「ドライハーフパンツ」

 

 

 

オシャレなパンツもたくさんありますが、

泥だらけになってしまうこともあるので、

濃い色のものが無難でいいですよ。

薄い色だと、洗濯しても

うっすらとシミが残ってしまいました…。

 

【足元】

足元は、裸足が一番ですが、

割れた貝殻等でケガをする恐れがあります。

【マリンシューズ】

 

 

 

足にフィットして、動きやすいです。

でも、潮干狩り以外に使い道がなかったりもするので、

一番のオススメは、靴下の2枚重ねです!

意外としっかりと足をガードしながら、

歩きやすく、便利ですよ。

使い古したものを使って、

帰りはごみとして処分してもいいですね。

 

 

スポンサードリンク
-->

 

 

 

●女性の服装

 

スクリーンショット 2017-02-27 10.42.12

 

女性も、男性と大きく変わりはしません。

紫外線対策を、もう少し念入りにすると

いいかもしれません。

 

【帽子】

髪の毛や首元も、紫外線から守れる

つばの広いものがオススメです。

【エレガントリボンUVハット】

 

 

 

普段のお子さんとのお散歩などでも使える、

オシャレなつば広帽子がおすすめです。

せっかくなら、可愛いものでそろえたいですよね。

「超UVカット☆フェイスマスク」

 

 

 

帽子と一緒に、こちらもオススメ!

海は、空からの紫外線はもちろんですが、

海面からの照り返しでの日焼けも大敵です。

油断していると、首元や顔が真っ黒!

なんてことになってしまいます。

ガードできるところは、ガードしましょう。

 

【上着】

寒さ対策、紫外線対策で、

やっぱり長袖がテッパンです。

「ラッシュガード」

 

 

 

簡単に脱ぎ着が出来る、ラッシュガードです。

フード付だと、そのうえから帽子をかぶれば

後ろの首も日焼けを予防できて重宝しましたよ。

フードだけ、帽子だけだと、

どうしても心許なかったので、安心でした。

 

【ズボン】

できれば、男性同様、ハーフパンツが理想ですが

やっぱり気になるのが、日焼け!

長ズボンでも、ストレッチ素材のものなどを

選ぶようにしてくださいね。

「ヨガ サルエル パンツ」

 

 

 

元々の使い道は全然違いますが、

形がきれいで個人的にお気に入りです。

気になるお腹周りもすっきり見えるので、

上がぴったりしたラッシュガードでも、

スタイルよく見えますよ。

撥水性はないので、濡れることだけ

気を付けてくださいね。

 

【足元】

こちらも、やっぱり一押しは靴下!

でも、ちょっぴり恥ずかしい…なんて方は、

男性と同じくマリンシューズがオススメです。

「マリンシューズ」

 

 

 

ビーチサンダルなどは、砂が入ってきたり

後ろに飛び跳ねたりするので、

あまりオススメできません。

できれば、どちらかで行かれることが

いいと思いますよ。

 

●子供の服装

 

スクリーンショット 2017-02-27 10.42.21

 

子供の場合、大人以上に汚れることを

前提にした格好が望ましいです。

私は、下に水着を着せて、

寒さ対策にラッシュガードを着せていました。

そのあとは全身洗い流し、着替えさせてしまえば

帰りも楽でよかったですよ。

 

【帽子】

「ラッシュキャップ HEAZEL キッズ」

 

 

 

帽子は、首元まで覆われているものを

選びましょう。

ラッシュキャップなら、落としても

サッと水で洗えて便利です。

 

【上着】

「ラッシュガード キッズ」

 

 

 

こちらも、自分で脱ぎ着しやすいように

ジップアップのものがいいですね。

全身濡れることもかなり多いので、

冷えないように注意してあげましょう。

 

【ズボン】

子供の場合、水着を着せてあげるだけでも

いいかもしれません。

特に男の子であれば、水着用のハーフパンツで

充分ですよね。

女の子で足元が気になるのであれば、

ストレッチ素材のパンツを着せてもいいですね。

「伸縮性抜群のストレッチハーフパンツ」

 

 

 

濡れてしまうと冷えてくるので、

気を付けてあげてくださいね!

 

【足元】

子供の足まだまだ柔らかく、けがをしやすいので、

大人以上に注意が必要です。

「リーフツアラー 子供用」

 

 

 

やはり、こちらもマリンシューズがおすすめ。

足にピッタリフィットするので歩きやすく、

砂に足を取られがちな海でも、安心ですよ。

 

 

スポンサードリンク
-->

 

 

 

●4月、5月、6月でちょっと違う。

 

スクリーンショット 2017-02-27 10.42.29

 

潮干狩りの最盛期は、4月~6月ですが、

まだまだ寒さの残る4月と、

少し暑くなってくる6月では、

若干服装にも違いが出てきます。

4月はまだ寒く、水に濡れるとより一層

冷えてしまいます。

ラッシュガードの下に、もう一枚長袖を着こんだり、

巣本を長ズボンにするなどの防寒対策が必要です。

5月は、比較的過ごしやすいですが、

日差しがきつくなってくるのと、

暑さに体が慣れず、熱中症になりやすいので、

気を付けてくださいね。

紫外線対策は、ばっちりとしていきましょう。

6月になると、天気がいい日は

暑く感じることも多くなります。

出来るだけ熱をためない、

涼しい恰好で行くのがいいですよ。

特に子供は、自分で調整することが難しいので

大人がこまめにチェックしてあげましょう。

 

●まとめ

 

スクリーンショット 2017-02-27 10.42.35

 

いかがでしたか?

水辺でのレジャーなので、

念には念を入れて準備したいですよね。

ぜひ、これらを参考にして、

潮干狩りを楽しんでくださいね!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
100円

お役に立てたらシェアして頂けるとうれしいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)