そして誰もいなくなったで万紀子は車椅子でどうやって2階に上がったの?

0a8b2fae0d1fb14e31ed2bbdbae4ee66_s

 

 

2016年9月4日放送の『そして誰もいなくなった』第8話が話題です。

藤原竜也さん演じる藤堂新一がアパートに戻ると黒木瞳さん演じる藤堂万紀子が待っているというシーンがありました。

ふと疑問に思ったんですけど、、、

お母さんどうやって2階に上がったの?

すっごい素朴な疑問なんですけど、どうしたのか考えてみました!

いや〜、そし誰すっごい面白いですね〜!

今クールの中で一番謎の多いドラマで、毎回驚かされまてます。

我ながらいい視聴者だなと思います。笑

今回も私なりの考察を披露していきますね〜。

 

 

スポンサードリンク

 

 

ネット上の反応は?

 

ネット上でもかなーーーーり話題になってました↓

 

 

 

 

 

ネット上でも、

どうやって2階に登ったの?

仮に歩けたとして、一人では2階にもっていけなくない?

と本当にその通りと思うことを考える人がたくさんいました。

 

いや〜、そうなんですよね!

新一って母さんを見た時に なぜ母さんがここに? って言ったじゃないですか。

私は思いました。そうじゃなくて、 母さんどうやってここに? じゃないの?

母さんがあそこにいることもちょっと異様でしたが、

でもでも、車椅子の方がエレベーターもないボロアパートにどうやって来たかの方がむちゃくちゃ気になる!

そしてそう思ってたのはわたしだけじゃなかったことにホッとしました。笑

さてさて、どうやって2階に上がったのか考えてみましょう。

 

 

スポンサードリンク
-->

 

 

どうやって2階に上がったのか?

 

色々考えたんですが、パターンとしては2つしかないと思っています。

 

①あそこにいたのは万紀子一人じゃない。

 

まず万紀子が歩けるか歩けないかの議論があると思うんですけど、

仮に万紀子が歩けたとして、それでもあんな思い車椅子を一人で抱えて階段を上る万紀子は想像できないですよね。

本当にそうだったらちょっと笑ってしまう。

しかも、新一がちょうど来た時に一人で車椅子抱えてたりしたらと想像するだけで笑えてきますね。笑

まあ、ドラマだからないんでしょうけど。

なので万紀子が歩ける歩けないに関わらず、

万紀子一人ではあそこに車椅子に座って涼しい顔はできないはずなんです。

つまり、一つの考え方としては、あそこには万紀子以外の人間がいた、

しかも、あれを一人では抱えれないと思うので、2人以上はいたと思います。

 

②何も考えてない。

実はこの可能性が一番高いんじゃないかと思ってます。笑

このドラマいろんな伏線があって、

全員が犯人に見えるなど、ミステリー要素としては満載なんで

そんなことは絶対ないだろうと思ってたんですが、

今回の第8話の車のCGシーンを観てしまったら、

何も考えてない説結構可能性あるんじゃないかと思います。

 

いずれにしても、来週最終回なんで、

こういう小さいところももちろんちゃんと考えているんですよね?

そんな変なところに注目もしながら最終回を観ていきたいと思います。

あと個人的に気になってるんですけど、

7つの罪ってちゃんと回収してくれるんですよね?笑

なんか最終的に消化不良で終わりそうな予感。笑

あの車のシーンを見ちゃうとそんなことを考えちゃいますね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
100円

お役に立てたらシェアして頂けるとうれしいです!

2 件のコメント

  • 車のCGねw
    ミステリアスなあらすじ自体は面白いのは面白いけど、近年稀にみる雑な仕上がりかなぁ…話の展開が詰め込み過ぎててちょっと付いていくには説明不足感があるし、理由は別としてラスボスが誰かは何となく最初から見えてたかもう少し意外性もほしかった。もちろん車磯の件もそうだし、今のところ7つのの罪もどこいったのやら、単なる一個人のやっかみによる犯行のようだし最終回で明らかになりそうもないなぁ。おそらくエイジのこれまでの貧乏屈辱生活過程が最終回で説明されるだろうが、とても指紋認証を解いたからといってエイジにシンイチという天才が組み込んだミスイレイズのプログラム変更できるスキルがあるような伏線説明なんてしないだろうしなぁ

    • はるか様
      コメントいただきありがとうございます。
      やっぱりあの車のCGは笑ってしまいますよね。笑
      おっしゃる通りいろんな伏線が放置されて、結局犯人エイジかよっていう終わり方ぽいですよね。
      まあ、でも最後のどんでん返しに期待して最終回を待ちましょう〜!笑

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)