宇多田ヒカル新曲ともだちの歌詞は同性愛者と関係ある?本当の噂の真相は?

 

 

2016年9月28日に発売される宇多田ヒカルさんの新アルバムFantôme(ファントーム)が話題です。

さらにそのニューアルバムに収録されているともだちという曲が同性愛者を歌った歌であると話題になっています。

実際どうなのか調査してきました。

 

いや〜、歌詞を見てみて、改めて宇多田ヒカルさんの才能って半端ないなと思いました。

ここまでいろんな目線で色んな曲をかけて、さらに歌が上手いって才能すごいですよね〜。

この歌詞みてもらうと分かるんですが、

LGBTの方々はこういう気持ちなんだなと改めて知って、

本当に切なくなりました。才能やばいです。

 

 

 

 

ネット上の反応は?

 

ネット上でもやはり話題になってました↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歌詞がグサリとくる。

片思いしてるから気持ちが分かる。

歌詞がヤバい、切ない。

歌詞もメロディも泣ける。

とネット上では絶賛の嵐でした。

 

ネット上では片思いしてるから分かるという意見も多数ありましたが、

LGBTの人のことを考えると片思い以上の壁の高さを今回の歌詞から感じられるので、

本当に切ないです。

 

 

 

スポンサードリンク
-->

 

 

 

歌詞は?本当にLGBT関連の歌詞?

 

9/22のNHKのSONGSに宇多田さんが出演されていて、

ともだちの歌詞については明言されたそうななので、

同性愛者の方を歌ったということは確実のようです↓

 

 

 

 

歌詞の一部をご紹介しますね↓

 

胸の内を明かせたなら いやそれは無理

とても上手に嘘つけるのに 心は馬鹿正直

キスしたい ハグとかいらないから

Let me have one kiss

 

恥ずかしい妄想や 見果てぬ夢は

持っていけばいい 墓場に

 

はぁ、マジで切ないですね。

なんだかこの歌詞を見ちゃうと、いわゆるノーマルな俺何やってだよ!

という気持ちになりますね。

可能性は全然あるだろう、戦おうぜ!

きちんと戦う覚悟を持とう!

戦えない意味が分からない。

とこの歌詞を見るとなぜか勇気が湧いてきました。

結局曲を探せなかったんですが、

曲はメロディもいいみたいです。

見つけ次第追記していきますね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)