ハロウィン仮装で大人女子が簡単でおしゃれに魅せるおすすめ5選!

スクリーンショット 2016-08-09 19.18.07

 

 

 

近年、日本でも盛り上がりを見せているハロウィン!

ホームパーティから地域主催の仮装行列まで、嗜好を凝らしたハロウィンイベントがいたる所で開催されていますね。

 

プロ顔負けの仮装をしている人もいる中「友人に誘われて参加してみました」という人も多いのではないでしょうか?

恥ずかしい…、時間もアイデアもない!など、

コスプレ初心者にとって、初めてのイベント参加は何かと不安も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、楽しみたいけど完全コスプレはちょっと…という大人女子に向けて

 

○最近のハロウィンの参加年齢やイベント状況を紹介

○【お悩み別】大人な女性の簡単だけどオシャレに見える仮装5選

・イベントにコスプレってなんだか恥ずかしい!

・イベントまでの時間がない!

・お金をかけたくない!

・面倒くさい!

・負けたくない!

 

を紹介いたします。初めての誘われハロウィンイベント!簡単&可愛い仮装で、楽しくのりきりましょう!

関連記事 

『ハロウィン仮装は私服アレンジコーデで決まり!大人女子の楽しみ方特集!』

 

スポンサードリンク

 

 

最近のハロウィンの参加年齢やイベントの状況を紹介

 

(今や大人のイベント!?ハロウィンが流行る理由!)

2015年のホットペッパーぐるめリサーチセンターによると、

ハロウィンイベント参加者を年代層別のうち、

20代参加者26%中仮装参加16%。

30代参加者24%中仮装参加者11%となっています。

つまり、20代・30代共にイベント参加に伴って仮装する人は半数以上にものぼると言う結果なのです。

 

近年のハロウィン需要の増加は、普段仕事に精を出している大人達にとって、たまにハメをはずすイベントとしてハロウィンは最適!

という心境と、日本中が一斉に騒げる名目として、お祭り好きの日本人にとってはピッタリ!

という事を表しているのでしょうね。

東京・大阪・神奈川などの都市で大規模なハロウィンイベントが開催されるなど、

供給も後押しして、今後さらに発展が予想されるイベントとなっていくのでしょうね。

とはいえ、まだまだクリスマス程ポピュラーじゃないイベント。

一緒にいく友人や会場との温度差に若干不安な人も多いはず。

そこで次の章では、

もしも大人女子の私がハロウィンイベントに行くとしたら?

という視点で、初めて参加するイベントへのお悩み別に、

コスプレ5選を紹介していきたいと思います!

 

【お悩み別】大人女子の簡単だけど、おしゃれに見える仮装5選

 

①イベントにコスプレってなんだか恥ずかしい!

 

日本のコスプレは、今や海外でも絶大な人気を誇る文化となりつつありますが、

日本の一般社会においては目にする機会があまりないのも現実です。

「コスプレなんてした事ないし、どうやって?どのくらいすればいいの?わからないし恥ずかしい!」

という人にオススメなのが「プチコス」という方法です。

ロフト・東急ハンズ・ドンキホーテなどには、

ディズニーランドにあるようなヘアクリップで髪につけるタイプのツノや動物系の耳、骸骨の手の形をしたアクセサリーもあって、イベント気分を盛り上げてくれます!

背中に背負うだけの天使・悪魔の羽など、ヘアアクセ以外でも、

付けるだけでハロウィン気分を演出できる簡単なグッズが充実しています。

買いに行くのも恥ずかしい!という人は、

ぜひネット販売しているものを探してみてくださいね。

大手通販サイトでも、さまざまなプチコス商品が見つかることでしょう。

あとは、そのアクセサリーにあったメイクと色味の衣装を手持ちの服から選ぶだけで、

イベント会場に、かわいくすんなり溶け込むことができますよ!

たとえば…鬼のツノヘアアクセ+黒系ワンピース=鬼っ子・悪魔っ子

ネコ耳ヘアアクセ+アニマル系スカート=ネコ娘etc…

自分の持っている服装と色々調整できるので、出費も少なくて済みますね!

 

そして、プチコスのメリットは、

基本的に自前の服でコーディネートできるので、コスプレ用衣装のようなテロテロ感を軽減できる事にあります。

ヘアクリップなら、もし場所を移動する事になっても、はずしてしまえば、

普段使いの服装に戻れるので、帰りの電車内でも人目が気になりませんよね。

 

②イベントまでの時間がない!

 

スクリーンショット 2016-08-24 1.13.29

 

ハロウィンイベントに参加することにはなったけど、何日も準備に時間がかけられない!

という人は、100円均一を覗いてみてはいかがでしょうか?

チープなものしか無いんじゃないかと思うかもしれませんが、侮る事なかれ!

今や100均はハロウィンコスプレイヤーには必須と言っても過言では無く、

各ヘアアクセサリーやマントなどの付属品を始め、

くもの巣をモチーフにした付けまつげ、ハロウィンネイル、傷あとタトゥー、なんと血のりまで、お役立ちメイク小物が充実しているので一度に全て揃えることができるのです!

黒系の自前の服とメイクに、これらの小物を合わせる事で、

迫力のあるハロウィンキャラが演出できること間違いなしです!

 

スポンサードリンク
-->

 

③お金をかけたくない!

 

スクリーンショット 2016-08-24 1.13.39

 

仮装に誘われたと言っても、あんまりお金をかけたくないなぁ…という人には

赤いリボンに黒いワンピースと竹ほうきで完成する魔女の宅急便や、

手持ちのオーバーオールに黄色いTシャツ・黒い伊達めがねでできるミニオンズなど、キャラ物系コスがオススメ!

キャラ自体の知名度が高いため、たとえオーバーオールのところをショーパンで代用しても、

デフォルメとして、それらしく見えるメリットがあります。

どちらも100均で1、2こ小道具を揃えるだけなのでとっても簡単!そして安い!

実写化されたキャラなら、さらに「ものまねメイク」をしてみることで、仮装のクオリティがグッとあがります!

みんなが知っているキャラクターなら、見てすぐわかる分、話題性もあって盛り上がることうけあいです!

 

④めんどくさい!

 

スクリーンショット 2016-08-24 1.13.50

 

色々な準備をこまごまするのは面倒!という人は、ずばり!「赤頭巾ちゃん」がオススメです。

フード付き赤ポンチョ1つ購入しておけば、あとは自前のスカートに合わせるだけ!

着る服も赤だけでなく白や黒のスカートでも大丈夫だし、靴はローファ系でも茶色ブーツでもOK!

ポンチョのフードを半分くらいかぶった状態で、ヘアピンにて固定します。

髪を三つ編みにして完成!手持ちにカゴ系のバックがあったら完璧ですね!

赤頭巾ちゃんはその名の通り、フード付ポンチョひとつでそれらしく見えてしまう魔法のアイテムです。しかもフード半かぶりがとても可愛らしいイメージを演出してくれますよ!

 

 

⑤負けたくない!

 

スクリーンショット 2016-08-24 1.14.01

 

ハロウィンイベントはよくわからないけど、とにかく周りに負けたくない!という人には

フェイスペイントがオススメです!

顔全体を白雪姫の魔女のようにしてくれるフルフェイスペイントで完全武装するもよし

10分くらいでできるハーフ・ワンポイントペイントをアクセントとして使うのもよし。

わぁすごい!と周りの気分も盛り上がる事うけあいです!

実際、どこでできるのかと言うと、実は主要のハロウィンイベントには必ずといって言い程フェイスペイントのお店があります。

当日イベント会場で並ぶと時間がかかる可能性もあるので、事前に問い合わせて予約などの確認をしておくことをお勧めします。

また、東急ハンズなどの百貨店にもフェイスペイントをしてくれるポイントがあるので、

自らイベントを盛り上げたい人はぜひ一度ためしてみてくださいね!

大人女子が目指す初ハロウィンパーティは、完全コスプレよりもコスプレ風!

普段の顔とはまた違ったイメージを見せる事で、出会いのチャンスも広がってくるかもしれません!

プチコスからフルフェイスペイントまで、手持ちのアイテムを活かして、

大人可愛く変身して、年に一度のイベントを楽しんじゃいましょう!

関連記事 

『ハロウィン仮装は私服アレンジコーデで決まり!大人女子の楽しみ方特集!』

スポンサードリンク
スポンサードリンク
100円

お役に立てたらシェアして頂けるとうれしいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)