マフラーの巻き方特集!可愛い巻き方ショートマフラー篇!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-29-20-47-27

 

 

寒さから体を守るには、首元を暖めると効率的です。

そこで大活躍してくれるのが、マフラーやスヌード、ネックウォーマーなどの防寒小物です。

スヌードやネックウォーマーと違い、マフラーは巻き方次第でとても可愛く個性的になりますよね。

どうせ巻くなら、他の子がやっていない巻き方をして注目を集めてみたいものです。

マフラーを巻く→ワンループorぐるっと巻き

学生さんに多いパターンですよね。確かに無難ですけど、こればっかりではつまらない。

『それどうやって巻いてるの?』

と聞かれるような可愛い巻き方を、今回は大特集していきたいと思います。

ところで、です。

今回はショートマフラー篇という特集なのですが、実は筆者、

 

『ショートマフラーほとんど持っていません…涙…

 

結構探してみたのですが、出てくるのは大判のストールやニットのロングマフラーばかり…

ショートマフラーと言えば、春夏に使っている今治タオルマフラーのみでした…(笑)

ですが、ショートマフラーの可愛い巻き方を調べているうちに

『ショートマフラーとってもいいじゃん、これは一つ欲しいな』

と思うようになりましたです。はい。

ショートマフラーとかロングマフラーと言いますが、その長さに厳密な定義はないようです。

筆者個人の手前勝手な規格では

・ フリンジを除いた長さが180センチ以上あるもの→ロングマフラー

・ フリンジを除いた長さが160センチ程度のもの→ミディアムロング

・ ミディアムロングよりも短いもの→ショートマフラー

と定義しています。

ただし、マフラーの素材にもいろいろありますし、その厚みや幅によっても『長さの印象』が大きく変わってくるので、一つの目安として考えます。

今回はショートマフラー篇ですので、長さが150センチ以下のマフラーで出来る巻き方を中心に、いろいろご紹介していきたいと思います。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

● 可愛いショートマフラーの巻き方 5選

 

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-29-20-47-35

 

 

筆者がショートマフラーをあまり持っていない理由の一つに

『いろんな巻き方がしたいけど、長さがないからアレンジしにくい』

というものがあります。

が、工夫次第で可愛い巻き方もできるんですね。これはもはや新しい発見というべきでしょうか。

ここでは、ショートマフラーに向く巻き方と一緒に、おすすめのマフラーも一緒にご紹介していきたいと思います。

この巻き方にはこんなタイプのマフラーが合う!というものをピックアップしていきますので、良かったら参考にしてくださいね。

 

その1 結び目通し

幅を細くするように折り、真ん中に結び目を一つ作ります。

結び目を前にしてマフラーの両端を首の後ろで交差させます。交差させた両端は前に持ってきて、それぞれ結び目に通します。

これは簡単でシンプルなやり方ですが、とてもかわいく見えますね。

筆者の所持する数少ないショートマフラー(タオルマフラー)で巻くとこんな感じです。

 

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-29-20-47-42

 

 

パシュミナの大判ストールを『首』に見立てて…(笑)。見づらかったらごめんなさい!

詳しいやり方動画

 

これは、スカーフでの巻き方ですが、マフラーでも同様の巻き方をすることができます。

始めに、幅を細くするために折りますが、ここで『じゃばら折り』にすると仕上がりがリボンのようになります。

(先の見づらい画像では適当に折りましたので、きれいになっていません…)

マフラーの端から端までをきっちり折るのは面倒ですし、難しいです。

結び目を作るマフラーの中央付近だけをきれいに折って、結び目を作っちゃえば問題なしですよ。

こちらの巻き方におすすめのマフラーはこんなタイプ

 

 

 

 

 

長いマフラーで巻くよりも、ギリギリ巻ける!くらいのショートマフラーの方が可愛く見えますよ。

結び目作って巻いたら、『長さ足りねーじゃん!』という場合。

結び目を小さめに作るときれいに巻けます。きちんと折ってから結ぶとコンパクトな結び目になります。

 

 

 

スポンサードリンク
-->

 

 

 

その2 スヌード巻き

 

マフラーの角を対角に折り、端を結びます。この時、マフラーが短ければ、しっかり伸ばすようにしてください。

(斜め方向にはよく伸びます)

これを頭からかぶって一回ねじり、もう一度かぶるとスヌード巻きになります。

大人っぽい雰囲気にも、可愛い雰囲気にもなる、おしゃれな巻き方ですよ。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-29-20-47-51

 

詳しいやり方動画

 

4つ目のスヌード巻きを参考にしてみてください。…と言いたいところなんですが

これ、実をいうと、ショートマフラーでやるのはキツイですよね。

そこで筆者流『コロンブスの卵』です。

マフラーの角を対角に折り、一回ねじります。それを肩にかけて前でクロスさせ、後ろで小さく結びます。結んだら形を整えて…

ほら、同じ形になりました。(どや顔)

これならヘアスタイルもメイクも乱れませんし、コンパクトなスヌード巻きが可愛く決まります。

この巻き方におすすめのマフラー

 

 

こういう薄手のマフラーを選ぶと上手く行きます。リバーシブルだとさらにおしゃれです。

もちろん、普通のチェック柄マフラーでもできます。その際は二つ折りになったマフラーを広げてからやってみてくださいね。

 

 

その3 後ろで結ぶだけの一重巻き

長さが短いマフラーだと、ぐるぐる巻く長さがありません。

そういう時はさっと結んで、結び目を後ろに回しましょう。

いっそ、思い切って短いサイズのマフラーを使う方が可愛いんじゃないかと思います。

この巻き方におすすめのマフラーはこんなタイプ

 

 

 

 

 

 

短いので、逆にほかの巻き方が思いつきません…

 

 

 

スポンサードリンク
-->

 

 

 

 

その4 ネクタイ結び

ネクタイの結び方で、マフラーを使います。

これはロングマフラーだとかえって垢抜けません。

ポイントはきっちり巻き過ぎないことと、上下の端の長さをあえて『きれいに揃えない』ことです。

通常のネクタイでは、下に来る方の端が短くなるように結びますが、マフラーでそれをやると可愛くもなんともありませんよね。

マフラーのネクタイ結びでは、下に来る方の端がちょっと長めになるように結びます。

そうすることで、マフラーの端を広げたときにティアードスカートみたいになります。すごく可愛いです。

ショートマフラーの方が断然可愛くなる巻き方ですよ。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-29-20-48-00

 

ネクタイ結び

 

 

 

この巻き方におすすめのマフラーはこんなタイプ

 

 

チェックのマフラーをネクタイ結びにすることで、トラッド&キュートになりますね。

 

 

その5 ループ通し

この名称が正しいかどうかはわかりません(笑)

マフラーを前から後ろに回して、後ろでクロスしたら端を前に持ってきます。

その両端を前側のループに通して完成。

簡単ですが、短いマフラーでも可愛くできますよ。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-29-20-48-07

 

やり方はこんな感じ

 

 

 

筆者が言っているやり方とは若干違うかもしれませんが、仕上がりは同じですね。

この巻き方はどんなマフラーでもうまくできますが、おすすめはこんな感じ

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク
-->

 

 

 

 

● まとめ  可愛いマフラーの素材はこれ!

 

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-29-20-48-15

 

 

可愛いショートマフラーの巻き方について、紹介してきましたがいかがでしたか?

ロングマフラーのようなボリューム感とは別の可愛らしさが、ショートマフラーにはありますよね。

個人的にマフラーはロングマフラーに限る!という筆者ですが、今回この記事を書きながら

『ショートマフラーもいいな♪』と思うようになりました。

ショートマフラーの『主張しないアクセント』的な存在感がすごくいいですね。

ショートマフラーで多い素材というと、毛織物やニット、フリース生地やファー素材などが多くを占めていると思います。

個人的に『若い女の子が巻いていて可愛い♪』と思うマフラーの素材や色は

 

・ ざっくりしたニット素材

・ スタンダードなチェック柄の毛織物

・ アイボリーやネイビーの定番色、またはビビットカラーの無地

 

手作りが得意な女子には、編み物や裁縫もおすすめです。

可愛い毛糸を使って編んでみるのもいいですし、フリース生地を買ってきてショートマフラーを作るのもいいです。

マフラーは細長の長方形ですから、何も難しくなくていいですよね。

手作りは絶対のオリジナルアイテムになります。

自分が使いやすいと思うサイズや色を『材料から選ぶ』というのが手作りの楽しみかもしれません。

ところで。

最近は今治タオルマフラーが定番アイテムの一つになってきています。

春夏に紫外線対策として愛用するおばちゃん…いや、もとい、女性の方が増えています。

 

 

 

 

→こんな感じのタオルマフラーです。先の画像でもお見せしたショートマフラーと同じタイプですね。

タオルマフラーはたいてい“薄手のショートサイズ”です。たった今、これを秋冬にも使えないかと考えた筆者が編み出した方法は

『色違いで2枚のタオルマフラーを“重ねて”使うor”つなげて使う“』

というものです。

2枚使いにすることで、ウールにも負けない暖かさが実現します。

色違いを使うことで可愛くオシャレにまとめることが出来ます。ただのワンループだって、可愛くオシャレになります。

元が薄手のタオルマフラーですから、とても軽いです。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-29-20-48-23

 

 

パシュミナストールを首に代わりにしたら、よくわからなかったので…。

和柄の生地を使ってみました…配色がイマイチですみません…(タオルマフラーもそんなに持ってないんですよ…)

端を結んでつなげればコットンのロングマフラーに、重ねれば分厚いコットンのショートマフラーに。

意外にバリエーションも広がりそうですよね、配色さえよければですけど(笑)

(重ねるときは2枚をずらして重ねることで、長さや幅を微調整することも可能です。)

ウールやカシミヤが主流になる冬に、保温性の高いコットンマフラーを使うというのは実に個性的ですね。

おしゃれ上級者の女子におすすめします。

敏感肌で化繊やウールが『チクチクする!』という人にも、コットンマフラーはおすすめですよ。

ストールやマフラーは、結構お安い値段で売っているものを見かけることが多いですよね。

それだけ安く手に入るものなら、思い切っていくつかそろえてみるのも手です。

オシャレに使いこなせるようになるには、いろんな素材のいろんなサイズで、いろんな巻き方を試してみることが一番ですからね。

その中で自分に似合った巻き方を見つけていけば、寒い冬も楽しく、暖かく過ごせそうです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
100円
最後までお読みいただきありがとうございました! 気に入って頂けたら、シェアしていただけると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)