笑点大喜利新メンバーは誰になるか?落語芸術協会からの選出?

6dcc885d3f1fbae641d11a13eb90aec4_s

 

6dcc885d3f1fbae641d11a13eb90aec4_s

 

2016年5月22日放送の笑点の中で次の司会として春風亭昇太さんが指名されました。

かなりのサプライズ選出で、ネット上では、驚きが広がってました。

その春風亭昇太さんの枠に新しい新メンバーが入るんですが、もうすでに決まっているようで、

次回5/29の放送時に発表するようです。一体誰なのか?予想してみました。

春風亭昇太さんが選出された理由については、別記事にて考察してますので、

気になる方はチェックしてみてくださいね↓

『春風亭昇太が笑点の司会の理由は?なぜ歌丸の後任になれたのか考察』

いや〜、それにしてもかなりの驚きでしたね〜。

私自身は、三遊亭好楽師匠ではないかと予想しましたが、

見事に外れてしまいました。笑

昇太さんは2番目に若いですが、かなり期待されてますよね!

関連記事

『春風亭昇太が笑点の司会の理由は?なぜ歌丸の後任になれたのか考察』

『笑点の司会は誰になる?歌丸師匠の後任は掟やルールから好楽さん?』

 

スポンサードリンク

 

ネット上の予想は?

 

ネットでも新メンバーは誰なのか?話題になってました↓

 

 

 

 

 

 

歌丸師匠が再度座る。笑

柳家花緑師匠!

桂枝太郎

春風亭一之輔さん!

歌丸師匠はないにしても、いろんな名前が挙がってました。

うーん、これかなり難しいですよね。

前回の司会は誰かの時はおそらく笑点メンバーだろうと思っていたので、

6分の1の確率だったんですが、

今回はかなーり難しそうです。

でも、様々考えて、考察してみます。

さて、一体誰になるのか?

 

大喜利新メンバーは誰になる?

 

気になるツイートがいくつかありました↓

 

 

 

 

スポンサードリンク
-->

 

前回の記事でも書きましたが、笑点の大喜利メンバーは綺麗に3つの所属に分かれています。

再度確認してみましょう↓

三遊亭小遊三:年齢69歳、所属:落語芸術協会 副会長

 

三遊亭好楽:年齢69歳、所属:円楽一門会 会長

 

林家木久扇:年齢78歳、所属:落語協会 相談役 

 

春風亭昇太:年齢56歳、所属:落語芸術協会 理事

 

6代目 三遊亭円楽:年齢66歳、所属:円楽一門会 幹事長

 

林家たい平:年齢51歳、所属:落語協会 理事

 

 

ちなみに桂歌丸師匠は落語芸術協会です。

つまり、桂歌丸師匠、春風亭昇太さん共に落語芸術協会です。

そして、今のメンバーはそれぞれの所属で、役員をしています。

私はここで考えるべき点が2点あると思っています。

 

  1. 落語芸術協会から選出するかもしくは、他の全く違う所属の方を思い切って選出するか。

  2. 役員クラスの人材を選出するか。

 

1点目については、やはり落語芸術協会から選出するのが、妥当な線ではないでしょうか。

これだけ所属が綺麗に分かれている中で、やはり落語芸術協会もやはり席は失いたくないと思うはずです。

2点目については、私個人的には役員を採用しないと思っています。

理由としては、今回春風亭昇太さんを司会に選んだからです。

春風亭昇太さんを司会に選出した理由の中に新風を吹き込むという意図があったのは確実だと思います。

そういった意味では、役員ではなく若手を選出すると思ってます。

なので、私個人的な予想ですが、新メンバーは、落語芸術協会で役員ではない大喜利の力がある人物だと思います。

そして、先ほどのツイートを見ると、3名の人物が挙がってましたね。

  • 立川談幸 (真打)、昭和29年生まれ
  • 瀧川鯉昇(真打、理事)、昭和28年生まれ
  • 桂宮治 (二ツ目)、昭和51年生まれ、若手大喜利出演中

 

ここから考えると、役員でない真打である立川談幸師匠かなという印象です。

ただ、年齢的な若返りを図るのであれば、桂宮治さんも面白いと思っています。

ただ、二ツ目というところが少し気がかりですが、

若返り、世代交代を考えるのであれば、私は、桂宮治さんを推します!

一応言いますが、これあくまで私の勝手な予想です。

全然違う可能性が大いにあります。

でも、こういう風に次の新メンバー誰かな?

って考えるのすごい楽しいですよね。

一応↓に落語芸術協会のリンク貼っておきますので、みなさんも予想してみてください。

https://www.geikyo.com/profile/index.php?disp=8

最後までお読みいただきありがとうございました。

追記情報

新メンバーが発表され林家三平師匠でした。

またしても外してしまいました。笑

ちなみに、林家三平師匠の所属は、落語協会です。

これで所属の分布は、

落語芸術協会2、落語協会3、円楽一門会2 となりました。

知名度等考えれば林家三平師匠の選出も当然だったのかもしれませんね。

関連記事

『笑点の司会は誰になる?歌丸師匠の後任は掟やルールから好楽さん?』

『春風亭昇太が笑点の司会の理由は?なぜ歌丸の後任になれたのか考察』

スポンサードリンク
スポンサードリンク

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)