【相撲】琴奨菊が優勝する10年前に優勝した日本人力士は誰か?

スポンサーリンク



 

sumo

 

2016年1月24日 琴奨菊 の優勝で幕を閉じた初場所。

 

日本出身の力士が10年ぶりに優勝したとあって、

 

話題になっています。

 

確かに、力強い相撲をみたいという気持ちはありますが、

 

日本人力士が優勝するとなるとなんだかうれしい気持ちになりますよね。

 

個人的には甲子園的感覚です。笑

 

 

そこで気になったのが、

 

10年前に優勝した日本人力士って誰?

 

ってことです。

 

なんだか意外とどこにも書いてなかったので、

 

調べてみました〜

 

 

スポンサードリンク

 

▼今人気な記事はこちら!

>>ミュゼの口コミまとめ!本当に100円でできるか聞いたみた!

>>Ray(レイ、雑誌)最新号を無料で見たい!試し読み方法も紹介!

 

最近の優勝は誰か?

 

haruma

 

一番最近は、九州場所で、優勝は 日馬富士 でしたね〜。

 

白鵬が12連勝していたので、

 

おそらく白鵬が優勝だろうと思ってましたが、

 

最後に3連敗というサプライズがあって、

 

最終的には、日馬富士が優勝しています。

 

正直、ここ3年くらいは、

 

白鵬、日馬富士、鶴竜 の3名で優勝争いをしている状態でした。

 

それ以前がは、旭天鵬や把瑠都、朝青龍まで遡ることになります。

 

改めて、優勝した力士を遡ってみてみたんですけど、

 

白鵬は本当に圧倒的に強いですね。

 

強いのはもちろんですが、

 

相撲に対する姿勢もまたすばらしいですよね。

 

確かに、以前言葉尻の問題等ありましたが、

 

自分は外国人力士であるという認識があって、

 

さらに、いろんなところで言われることがあるんでしょうし、

 

仕方がない部分もあるのかなとは、個人的に思ってます。

 

 

スポンサードリンク
-->

 

 

 

10年前に優勝した日本人力士は誰か?

 

toti

 

四股名:栃東大裕

本名:志賀 太裕

所属部屋:玉井部屋

最高位:東大関

引退:2007年

生年月日:1976年11月9日

出身:東京都足立区

愛称:トッチー

現在:玉ノ井部屋師匠

 

正解は、

 

栃東関でした。

 

ちなみに、優勝したのは、

 

2006年の初場所です。

 

つまりちょうど10年間日本人力士の優勝がなかったことになります。

 

今回優勝した琴奨菊は今年年齢32歳になることもあり、

 

まだまだ頑張れる年齢でもあるので、

 

さらに優勝回数を増やしてほしいですね。

 

ちなみに、琴奨菊の地元は福岡県の柳川市なんですが、

 

琴奨菊が勝利すると花火が上がるようです

 

今日の花火はさぞかしすごいことになってそうですね!!

 

あ、でも今日は大寒波なので、花火も中止かもしれませんね。笑

 

いづれにしても、

 

今後も琴奨菊関の活躍に期待したいですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)