ハロウィンの折り紙で入れ物の折り方を紹介!バラや蜘蛛の巣も!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-02-1-51-26

 

 

ハロウィンと言えばド派手な仮装が主役になりがちですが、それの演出を支える小物達も忘れてはいけません。

小物次第でハロウィンパーティーが何倍にも盛り上がる可能性があります。

そこで今回はハロウィンパーティーに使えそうな、折り紙で作る、

入れ物の折り方

バラの折り方

蜘蛛の巣の折り方

を紹介します。

それぞれ、とても簡単なので覚えてしまえば大量生産も可能です。

子供たち全員分を用意したり、部屋にたくさん飾り付けたりして素敵なハロウィンにしましょう!

きっと子供たちも大喜びのハロウィンになるでしょう!!

 

スポンサードリンク

 

 

入れ物の折り方

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-02-1-51-26

 

初めに紹介するのは、折り紙で作る簡単な入れ物です。

これは、アレンジ次第でハロウィンだけではなく様々なイベントや日常にも使えるので、覚えておいて損のないものです。

たかが、折り紙だと侮るなかれ!!

こんなに使えるアイテムだとは驚きですよ(^^)

思っている以上に可愛い物が作れちゃいますから!

普段にも使えそうなのが入れ物の折り方ですね。

一人一人に用意してお菓子の詰め合わせの箱にしたり、大きい箱ならテーブルに置くお菓子のお皿の代わりにもなりますよ。

自宅で子供同士のハロウィンパーティーをやるなら

折り紙のお皿はかなりおすすめです。

子供達も可愛くて持って帰ってくれるかもしれません。

 

 

みなさん、可愛いのをいろいろ作っているようです。

折り紙は簡単に挑戦できるので嬉しいですね。

忙しいお母さんでも、家事の合間のちょっとした時間で作れそうです。

とにかく、作り方の見本がないと始まらないので

さっそく紹介していきたいと思います。

難しそうに見えても、やってみると意外と簡単なものばかりなので

ぜひ挑戦してみてほしいと思います。

 

それでは、まずは基本の箱です。

 

 

 

15cm四方の折り紙で約5.5cm四方の箱ができます。

基本の箱が作れればいろんなアレンジが出来そうですね。

折り紙のサイズで作った箱は可愛らしいので子供達にぴったりです。

ちょっとしたお菓子を入れて子供達に出せば喜びそうです。

ハロウィンぽい箱はこちら

 

 

とても可愛いカボチャの箱が出来ます。

これにお菓子を入れて配ればハロウィンらしくなります。

子供と一緒に作っても楽しそうです。

 

次はふた付きの箱です。

基本の箱に比べて少しだけ難しい個所(折り紙を3等分に折るところとか)がありますが、ほぼ基本と変わらないので大丈夫です!

 

 

 

15cm四方の折り紙で約2.5cm四方の箱ができます。

小さくて可愛い箱です。

ハロウィンらしい色の折り紙でたくさん作って飾るのも楽しそう!

折り紙の色をハロウィンに合わせて、オレンジや黒、紫などにすると雰囲気が出ていい感じになります。

こんな可愛いふた付きの箱もあります。

たくさん作って飾りたくなりますね。

ハロウィンのイラストが描かれている折り紙で折ってもいいかもしれません。

 

 

ハロウィンの柄の折り紙なら折るだけでこんなに素敵に!

こんな素敵な柄なら、何を折ってもハロウィンらしくなりそうです。

箱以外にもいろいろ使えそう。

ハロウィン柄の折り紙は100均で手に入ると思います。

年々、ハロウィングッズがレベルアップしている100均。

一度覗きに行ってみてもいいかもしれませんよ。

いろんな発見も出来そうです。

もっと簡単なのは、無地の折り紙で折って、ポイントにハロウィンのシールを貼るのもいいかもしれませんね。

 

 

こちらも、100均で手に入れる事が出来ますよ。

シールを貼るという簡単な作業ですが、シール自体が可愛いので

十分ハロウィンの素敵な箱が作れます。

それぞれ、折り紙の大きさを変えたりすると箱の大きさも変えることが出来るので、使いたい大きさに合わせて折り紙を用意してみてください。

 

 

こんな風に貼るだけのハロウィンの箱もありますね。

これだけでも十分ハロウィンの雰囲気が出せますね。

これだといろんな箱があれば作れるなーと思いましたが・・・

折り紙の意味がなくなっちゃいますね(^^;

折り紙で頑張って折る方が楽しいし、

子供達とコミュニケーションを取りながら出来るので

やっぱり折り紙がおすすめですね!

 

 

バラの折り方

 

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-02-1-51-33

 

 

次はバラの折り方です。

立体的で豪華なバラなので、一見難しそうに見えますが、そんなことありません。

少し、ほんの少し難しい個所がありましたが、私でも折ることが出来たので大丈夫です!

今回紹介する3つの中では一番難しかったけれど、難易度としては折り紙の鶴が折れるくらいかと思いました。

 

 

 

部屋の飾りつけにも使えますが、

たくさん作って子供の仮装の衣装に張り付けたりしても面白そう。

みんなにお菓子と一緒に配るのもステキじゃないですか?

普通の折り紙サイズ(15cm×15cm)でもいいのですが、おススメは千羽鶴用サイズの折り紙(7.5cm×7.5cm)です。

可愛らしいバラが出来上がります。

作業は細かくなりますが、大きいサイズと比べてもそれほど難しくないです。

小さいバラを3つ、4つまとめると、とても可愛らしいので、特に女の子は喜ぶこと間違いなしです。

男の子は好きな女の子の為にたくさん作ってプレゼントしたら

もっともっと仲良くなれちゃうかもしれません!

 

 

こんな素敵な花束を作った人もいます!

とても可愛いですね。ハロウィンらしい色を選んで作れば

持っているだけで華やかなハロウィンらしい雰囲気になりそうです。

リボンや、レースは100均でも手に入るものなので

いろいろ買って花束を作ってみましょう。

 

 

スポンサードリンク
-->

 

 

蜘蛛の巣の折り方

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-02-1-51-40

 

最後はハロウィンの定番、蜘蛛の巣です。

これは折り紙というより、切り紙です。切っていくだけなのでとても簡単です。

子供と一緒にハロウィンの準備が出来ますね。

 

  

 

 

折り紙の蜘蛛だけでは物足りなさを感じるので

やっぱり蜘蛛の巣があると、かなり雰囲気がでますね。

蜘蛛の巣をたくさん作ってたくさん貼り付けるのもいいかも!

いろんな色の蜘蛛の巣があってもカラフルでいいと思います。

子供と一緒に作れば他にも変わった形の蜘蛛の巣になりそうです。

動画では折り紙を使っていますが、白い紙であれば何でもいいのでコピー用紙や無地のノートなどでも代用できますよね。

また、下書きなしで切っていますが、難しければ鉛筆で薄く下書きしても構いません。薄ければ目立たないです。

たくさん作って、窓ガラスや壁など貼っちゃいましょう!

 

 

ハロウィンの飾りも作りすぎるとお母さんは困っちゃうのかな?

子供達にとってはイベントはかなりテンション上がる出来事でしょう。

後片付けとか大変だろうけど、やっぱり子供の楽しむ姿は見ていて飽きませんよね。

どうせ、片付けるんだから!ということで

開き直って?!思いっきり飾りつけをたくさんしちゃって、

 

スポンサードリンク
-->

 

 

ハロウィンをもっと盛り上げよう!

 

 

大人も子供も簡単に出来ちゃうのが折り紙の魅力かな。

ハロウィンは仮装をすることが当たり前みたいになっているけれど、

折り紙だけで飾りつけも出来ちゃうし、

可愛い、家族や友人だけでほっこりするハロウィンパーティーで盛り上がるのも

いいのではないでしょうか?おすすめしたいです(^^)

今回紹介した3つの小物を付け加えるだけでもハロウィンの雰囲気が何倍にも増すこと間違いなしです。

あとは、それぞれのアレンジ次第です。

例えば、折り紙の色を考える。単色でもオレンジや黒、紫、赤などハロウィンっぽい雰囲気の色があります。

ハロウィンのイラストがプリントされている折り紙でもいいかもしれません。

最近では100均など安くて手に入る可愛い折り紙も売られていますよね。

もう一つ、アレンジ出来るのが折り紙の素材です。

和紙や半透明の物、ラメがついていたり光沢のあるものなど様々な種類があります。

和紙や半透明でバラを作るともっと本物らしくて素敵ですね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

お役に立てたらシェアして頂けるとうれしいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)