加湿器はいつまで必要?おすすめの手入れ簡単で安いのはこれだ!

スクリーンショット 2016-08-27 16.30.14

 

 

 

冬になったら空気が乾燥するから、室内には加湿器を置いて湿度を上げなきゃ…

という方は、たくさんいらっしゃることでしょう。

風邪やインフルエンザの予防にも、湿度の調整は有効ですから、加湿器を活用しない手はありません。

ですが、加湿器って、いつからいつまで必要なのでしょう?

そして、どんなお手入れが必要なのでしょう?

ま、いいや、そんなことは後で考えようっと…なんていいつつ、お店に出かけると。

色んな種類の加湿器があるではありませんか。

メーカーや値段もいろいろなら、機能もいろいろ、一体どれを選んだらいいのかわかりません。

そこで今回は

 

 

● 加湿器はいつからいつまで使用するものか

● 加湿器を選ぶ際に考えておきたいポイント

● 手入れ簡単でおすすめの加湿器はこれ!

 

といった内容で、ご案内していこうと思います。

新しく加湿器を買おうと考えていらっしゃる方必見!!の内容にしていきたいと思いますので、

どうぞ参考になさってくださいね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

加湿器はいつからいつまで使用するものか

 

スクリーンショット 2016-08-27 16.30.14

 

 

加湿器の購入を考えておられる方に、1つ質問があります。

『お宅のお部屋、今日の湿度は何パーセントですか?』

は?湿度?んなもんわかんねーよ、湿度計ないんだからさ。

湿度が何パーセントって、加湿器買うのにカンケ―あるの?

などとお答えの方、

『湿度もわからんところに加湿器買うてどないすんねん!』

実はこれ、結構重要なことなんです。

筆者が働く、某飲食店の事務所にて、こんなことがありました。

ある日出勤すると、社長がごそごそと何かをしています。

何をしているのかと思い、尋ねると、得意げに社長は言いました。

『ここの空気清浄機にな、加湿器がついてるやろ。水入れとかなアカン』

それはそれは、いいことですね♪と言いたかったのですが。

いま7月やないかい!雨も降って高温多湿やないかい!

何やっとんじゃ、ボケっ!その空気清浄機についてる湿度計見てみんかい!湿度70%や!

これ以上加湿したらカビだらけになるわい!このドアホっ!!

……とは言えないのが、勤め人の悲哀ですね(笑)

筆者はやんわりと、

『社長、その水はおそらく腐りますよ(作り笑顔)、冬になるまで水を入れるのはやめておいた方がよろしいかと』

とご進言するにとどめました。実際どうなるのかは検証したことないんですが、何だか不潔でしょ?

夏のむさくるしい思い出ですよ、へへ(笑)

まぁ、これは極端な例ではありますが…こういう話があると謎が出てきます。

 

加湿器を『真夏に使わないってのはわかっている』

けど、『いつからいつまで使うのかはわからない』

 

そこで目安になるのが、部屋の湿度なんです。

湿度が低くなるから空気が乾燥します、乾燥するから加湿が必要になります。

ということは、今の段階での湿度をちゃんと把握しておく必要があるのです。

人間が暮らす中で快適とされる湿度は、40~60%だと言われています。

空気が乾燥するとほこりや花粉が空中を舞い、インフルエンザや風邪のウイルスが活発になります。

また、美容の大敵、お肌の乾燥にもつながりますし、ドライアイの原因にもなります。

それを回避するためには、大体湿度50%くらいをキープするのが理想ということになります。

いつからいつまで?と聞くと、『11月から2月までですよ』という回答をしているサイトもありますが、これは一概に言えません。

地方によって気温が違うのであれば、湿度も違うわけです。

そこで、加湿器を購入する前に、湿度計を用意しましょう。

 

湿度が40%以下になったら、加湿器を使う。

湿度が60%以上になったら、加湿器は使わない。

といった形で、湿度計と相談することをおすすめします。

 

 

スポンサードリンク
-->

 

 

 

加湿器を選ぶ際に考えておきたいポイント

 

スクリーンショット 2016-08-27 16.30.23

 

 

最近多いというか、流行りのアイテムに『加湿機能付き空気清浄機』というのがあります。

先ほどチラリとお話しした、筆者の職場にもあるやつです。

通販番組でよく登場する、シャー○の加湿空気清浄機です。

この加湿空気清浄機は店内にも何台か設置しています。

暖房を入れ始めるころには、毎日タンクに水を入れる作業が加わるのですが、その加湿効果は

そんなに大したことありません!!!

水を満タンにして数時間後には水を補給しているというのに、キープ出来ている湿度が

せいぜい、30%台なのです…

40%に届くことはまずありません。

たまに湿度40%以上になったかと思ったら、その要因が

ご宴会席の寄せ鍋が、グツグツと煮えていることで発生した『水蒸気』

だったりするのです(笑)

営業中にタンクの水を補給していたところ、お客様が教えてくださいました。

『この天井も高い、広いスペースでエアコンかけてるのに、その加湿機能では湿度は上がらへんよ』

『水入れたら、若干湿度が上がるかも…っていうだけで、ぶっちゃけ無いよりはマシってくらいかな?』

え?そうなんですか?

猛然と気になった筆者は、帰宅後、いろいろ調べることにしました。

その結果、

お客様、あなたのおっしゃる通りでございます!

業務用エアコンの下に、家庭用加湿空気清浄機を置いて、湿度が上がらないのは当たり前。

調べたところ、職場の加湿空気清浄機の加湿量は、最大で400ml/hのようです。

これを数台置いただけでは間に合わないのです。

言われてみれば、家屋と違って天井も高いのがお店の特徴。

これも素人からすると見落とすポイントですね。

 

ポイントその1 置くスペースの広さに合った加湿器を選ぶこと

 

そこで筆者は社長にお願いし、加湿器を買ってもらうことにしました。

無いよりマシ…と言われた加湿空気清浄機にプラスするものを選ぶべく、通販サイトをサーフィンします。

『乾燥はイカン!暖房効率を上げるためにも湿度は上げなアカン!』

社長も大乗り気です。

そこで調べていると、加湿器にはいろいろな方式があることを発見。

スチーム式、スチームファン式

特徴 お湯が沸騰するときに出る湯気(蒸気)を使って加湿する

メリット 加湿力が強く、一気に湿度を上げることが出来る。ランニングコストがかからない。

デメリット 電気代が高くつく。

 

②気化式 (加湿空気清浄機に搭載される加湿方式も気化式)

特徴 水を蒸発させることで気化する。ファンで風を送り、気化させるタイプと、水車を回して気化させ

るタイプに分かれる。

メリット ヒーターを使わないので、電気代が安い。加湿し過ぎることがない。

デメリット パワーが不足気味。一気に加湿することができない。熱を使わないので寒い。

 

 

③温風気化式

 

特徴 温かい風を送り、気化させる。気化式に熱を加えたイメージ。

メリット 寒さを感じにくい。熱を加えるので、気化式よりはパワーがある。

デメリット 気化式よりも電気代がかかる。(スチーム式よりは消費電力がすくない)

 

④超音波式

 

特徴 水を超音波で霧状にして放出することで加湿する。細かい霧が出る霧吹きのようなもの。

メリット 加湿パワーが強く、一気に加湿する。電気代が安い。本体価格も安い。

デメリット 水をそのままミストにするので、雑菌が繁殖している場合不潔。水道水に含まれるミネラルも一緒に放出するので、白い粉があちこちに残る。霧状のため、周辺が濡れることもある。

 

これだけの方式に加え、ハイブリッド式というのもあります。

ハイブリッド式は、それぞれのデメリットを埋める目的がありますが、これにもいろんなタイプがあります。

 

ポイントその2 それぞれの方式のメリット、デメリットを把握する

 

では、一体どれを選んだらいいんでしょうか…

筆者の職場においては、家屋と事情が異なるため、重要視する部分が違います。

その中で以下のポイントを抑えることにしました。

・ ハイパワー、加湿量がある程度大きい。

・ 電気代が安い。

・ 安全、清潔、お手入れが簡単。

 

そこでまず消えたのが安い超音波式。

超音波式のデメリットである白い粉(ホワイトダスト)は、とても粒子が細かいのです。これが空気中に飛散すれば、空気清浄機のフィルターがあっという間に目詰まりします。電気機器にも影響があるとかで、レジなどを扱っている店舗にはリスクが高いと思いました。

万が一、雑菌が繁殖していたら危険ですらありますから、ネットでもネガティブな意見が多かったですね。

本体価格も安いし、電気代も安いんですが、残念ながら却下。

 

 

ポイントその3 家電は安かろう悪かろう、で、ほぼ間違いなし

雑貨屋さんで売っているような、見た目のおしゃれな加湿器。

意外にお手入れが大変だったり、空気清浄機や掃除機のフィルターを目詰まりさせたり。

はたまたすぐに壊れる、水漏れがひどいetc.

安いと思って買ったら、結果的に高いものについてしまった…

加湿器のみならず、安い家電にはよくあることです。

こういった後悔をしないために、初期投資は大切です。

…って、安い加湿器を探すんじゃないのか?と言われそうですが。

それなりの価格になれば品質が違ってきます。結果的には安いものにつく筈ですよ。

次に消えたのが気化式。

理由は単純、パワー不足ですね。電気代が安くても、機能が不十分では無駄な電気代になります。

広いスペースで気化式の加湿器を使うのは、補助的ポジションまでが限界でしょう。

もちろん一般家庭のリビングなら、この限りではありません。・

なんだかんだ言ってもボツになるのが、スチーム式!

交換部品がない、お手入れが簡単。。。といった謳い文句につられそうになった時、電気代が頭をよぎります。

交換部品がなくても、電気代が高ければ結局、ランニングコストが高いということになるのではないでしょうか。

…とここまで考えたとき、おもむろに社長が言いました。

『お客さん全員が鍋料理を頼んでくれたらええねんけどな…』

鍋料理屋ではないのです、あまりに非現実的なのでこれもボツ。

でも、そういえば昔。石油ストーブの上にやかんを置いて、いつもお湯を沸かしてましたよね。

今は石油ストーブも使いませんが、我が家の冬は。

姑さんが卓上ガスコンロを使って食卓で、いつもお湯を沸かしています。

いつでもお茶を入れられるし、便利っちゃあ便利ですし、室内は乾燥しません。

ただし、空焚きには注意です!これぞ『元祖』加湿器ですね。(笑)

話を加湿器選びに戻しまして…結局どれを選んだのかですね。

次にそれをご紹介し、加えて、おすすめの加湿器もピックアップしたいと思います

 

 

スポンサードリンク
-->

 

 

 

手入れ簡単でおすすめの加湿器はこれ!

店内の湿度を上げるべく、筆者たちが選んだ加湿器はこちら。

https://www.dainichi-net.co.jp/products/hd/hd181.html

ダイニチ HD-181W(ホワイト) ハイブリッド式加湿器 木造30畳/プレハブ50畳

 加熱気化式と気化式のハイブリッド加湿器です。

何がすごいって、消費電力を抑えたecoモードでも加湿量が1800mlという大きさです。

これは心強いですね。

その上、お手入れが簡単、お手入れお知らせランプ搭載…といった親切設計。

(まぁ、仕事ですのでルーティンで週1回お手入れしますけど)

https://www.dainichi-net.co.jp/products/hd/hybrid.html

業界ナンバーワンの静音設計もありがたいですし、安心できる国産メーカーというのもありますね。

おかげさまで、お店の湿度は格段にアップしました。

お店では、こういったハイパワー加湿器が絶対に必要ですが、家庭用ではそこまで要らないですよね。

こちらのメーカー、ダイニチでは家庭用に最適なサイズの加湿器も取り扱っています。

価格もお手頃と言えますね。

 

 

 


お手入れがとにかく手間。筆者の経験上からいうと、こちらのメーカーは超おすすめです。

加湿器を導入したいけど、この手間がどうしてもクリアできない…とお悩みでしたら、スチーム式加湿器がおすすめです。

象印のスチーム式加湿器は、見た目からして電気ポット。

最近ではちょっとおしゃれなタイプも発売されたようですが、基本の構造は同じです。

お手入れももちろんラクラク、加湿力は申し分ありません。

ただし、先にも申しました通り、電気代は高くつきます。

 

 

 

 

 

雑菌の繁殖が恐怖…な超音波式ですが、タンクがペットボトルというタイプなら安心です。

 

 

 

なんといっても、ケーブル以外が消耗品です。

タンクがペットボトルなので、それほどの加湿力はありませんが、デスクの上やベッドサイドにはいいですよね。

 

 

 

↑こちらは、ペットボトルを傾けてセットする加湿器です。これもお掃除いらずの優れもの。

小さい加湿器はオフィスなどに置くと、大変重宝しますよね。

 

 

 

オシャレに場所を取らない加湿器。形態にも便利なので、旅行先や出張先でも大活躍です。

サイズがサイズだけに、価格は安いです。

全部分解してスッキリきれいに洗いやすい!という加湿器をお求めなら気化式のこれはいかがでしょう。

 

 

 

 ノーブルでスタイリッシュなデザインが目を引きますね。

タンクレスという新しい発想が面白いです。なにせ、水をやかんなどに入れて運び、ドバドバと注ぐというやり方です。

フィルターや本体のお手入れはもちろん必要ですが、分解してしまえるのでラクです。

ただ、気化式ゆえ、加湿力にやや難あり。

特に、エアコンをつけての使用は、部屋の湿度が上がりにくい、もとい、上がらないのでおすすめできません。

床暖房のある部屋であれば、十分な加湿量も期待できるでしょう。

価格は正直言って高いな…と思います。筆者は間違いなく『買いません』

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回はオシャレな加湿器よりも、お手入れが楽な加湿器をご紹介してまいりました。

新しく加湿器を導入しようとお考えの方、今の加湿器に満足できない方は、是非参考にしていただけたらと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
100円
最後までお読みいただきありがとうございました! 気に入って頂けたら、シェアしていただけると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)