取引先からのお中元のお礼状!いつ誰宛に出す?感想は必要?

321e497c6da6d1c0b2f4fb48eede7fe0_s

 

a55579b38156b59ecf8464ea0c6b1a12_s

 

お中元って急に贈られてきたら困りますよね。

そもそも何も知らなかったら、どうしたらいいのか分からなくなります。

はい、去年の私の状況です。笑

去年たまたま会社で一番の下っ端になってしまったので、

お中元やお歳暮の整理もしてたら、お返しやお礼状ってどうしたらいいのか分からなくて

かなりの時間を取られてしまい、仕事に支障をきたしました。

そんな私のような犠牲者を出さないために、

今回私が学んだことについてシェアします。

関連記事

『お中元の時期!関東、関西、名古屋、北海道、九州等地域で違う?』

『お中元を止めたい時の止め時!やり方や断り方!マナーが大事!』

『お中元の予算の相場は?誰に送ったらいい?遅れた場合の対処法!』

『お中元お歳暮の由来と意味の違い!片方だけのマナー!両方必要?』

 

 

スポンサードリンク

 

取引先からのお中元にお返しorお礼状は必要か?

 

まずお返しについては、基本的には不要です。

挨拶状は、基本的に必要です。

基本的にの部分が重要になります。

まず今までもらっていた場合初めてもらった場合で区別されます。

 

今までもらっていた場合

周りに今までどういった対応をしていたの聞きましょう。

まあ、基本ですね。前例通りにするのが一番です。

 

初めてもらった場合

まず、相手との関係性を考えます。

仕事の発注先である場合

まずこの場合はお返しをする必要はありません。

ただ、お礼状は送るようにします。

今後お断りした場合は、お礼状の中に、お礼と合わせて、今後はどうかこのようなお気遣いなされませんようになどやんわり断る旨を伝えるようにしましょう。

 

仕事の受注先である場合

お返しを検討しましょう。

むしろこの場合はこちらから率先的に送るべき相手であった可能性が高いです。

今後の受注の拡大等もあるので、良好な関係性を保つ観点からも必須と考えます。

 

以上からお礼状については、基本的に出すがのがマナーです。

ここで注意点があります。

お礼状については、2-3日中、できれば一両日中に出しましょう。

お返しを検討する場合の注意点

お返しをする場合に注意点が3点あります。

①のしは、御礼orお中元とします。

②お返しと別に送り状を送る。

→送り状はハガキで構いません。

③贈られた物よりも、高価なものを送らないようにしましょう。

 

正直③が一番重要です。

もし初めてもらった場合には、なんとなくきちんと返さないとという意識が働いて、

高価なものを送りがちだと思います。

実際贈られたものよりも高価なものを送ってしまうと、

次回からいりません!

という意味になってしまうのです。

 

いや〜、それにしても、本当にこういった慣習的なものは奥が深いですよね。

私も新入社員の時にきちんとわかっていればよかったなと痛感しています。

でも一度覚えると変わることがないので、最初が肝心ですよね!

 

スポンサードリンク
-->

 

お礼状の宛先はどうするか?感想は入れる?

 

お中元を初めて受けとった場合はお礼状が必須でしたよね。

お礼状の宛先はどうするか悩みますよね。

会社宛にするか、支社宛にするか、会社代表者取締役宛にするか、担当者宛にするか。

これは、基本的に送付者宛で問題ありません。

ただ、初めてもらった場合については、まずもらった段階で電話でお礼を伝えて、

送った相手を改め確認すると確実です。

会社宛、会社代表取締役宛を選べる場合には、会社代表取締役宛の方が丁寧です。

あと最後に文面に感想をいれるかどうかですが、入れた方が丁寧です。

文例は載せませんが、お礼状として↓を満たしていれば問題ないです。

  • 時候のあいさつ
  • 相手の安否を気遣う言葉
  • 日頃の感謝
  • 感想とお礼
  • 相手の健康を祈る言葉

 

上の5つを満たしていれば、手紙としては問題ないです。

あとは、相手への気持ちですね。

結局お中元もお礼の手紙も相手の気持ちが一番大事な部分なので、

そことあと特有の最低限のマナーさえ押さえていれば、

基本的に問題はありません。

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

『お中元の時期!関東、関西、名古屋、北海道、九州等地域で違う?』

『お中元を止めたい時の止め時!やり方や断り方!マナーが大事!』

『お中元の予算の相場は?誰に送ったらいい?遅れた場合の対処法!』

『お中元お歳暮の由来と意味の違い!片方だけのマナー!両方必要?』

スポンサードリンク
スポンサードリンク
100円
最後までお読みいただきありがとうございました! 気に入って頂けたら、シェアしていただけると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)